スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんな大好き!仮面ライダー

好評につき、またやっちゃいます。


『第2回 仮面ライダーレビュー』


※前回のおさらい



■登場人物


本郷 猛/仮面ライダー1号。

立花 藤兵衛/おやっさん。立花レーシングクラブオーナー。バカ。

滝 和也/FBI捜査官。バカ。

ユリ・ヨッコ・チョコ/立花レーシングクラブ所属。通称ライダーガールズ。バカ。

ナオキ・ミツル/少年ライダー隊主要メンバー。バカ。

地獄大使/ショッカー幹部。バカ。






今回は、せっかくなんで、前回の続き、


第74話・第75話の

ツッコミどころだけを紹介します!











■第74話「死の吸血魔 がんばれ!ライダー少年隊」


まずは「少年ライダー隊」の発足式。


みんなで、通信手段である伝書鳩を大空に放ちます。

「これで、ショッカーのどんな動きも、すぐわかる!」

鳩を飛ばしただけじゃ、わからないよね!

まず持って、伝書鳩の使い方、間違ってるよね!



一方・・・

次々と血液銀行から血液を奪う、新怪人シラキュラス。

どうでもいいけど、君のデザイン、超キモイね!



その働きにご満悦の地獄大使と、ばつの悪そうな科学者とのやりとり。


「これだけ大量の血があれば、次々と改造人間が作れるな?」

「お言葉ですが・・・血は新しい方が・・・出来れば子供の血がいいのですが」

「う?ん・・・そうか・・・」

最初にちゃんと打ち合わせしとこうね!

シラキュラスの働き、まったくの無駄だったもんね!



ショッカーの企みに気付いた本郷たち。

少年ライダー隊の初仕事として、ショッカーの血液採取車を探させます。

子供にやらせる事じゃないよね!

移動手段がチャリンコじゃ、限界があるよね!



捜索に散らばる前に任務を確認しあう子供たち。

「いいか、みんな!見つけたらペンダントですぐ本部へ連絡!」

あぁ・・・通信機器持ってたのね!

鳩、立場ないね!新沼謙治にでも譲ろうね!



「あっ!いた!」

子供たち、難なくショッカーのトラックを見つけちゃいます。

そりゃ見つかるよね!

トラックにデカデカとショッカーマーク貼ってるもんね!



情報を受けたライダーが追跡開始。

遂にショッカーのアジトを発見します。

そりゃそうだよね!

建物にもデカデカとショッカーマーク貼ってるもんね!



そして、ライダーとシラキュラスとの戦い。


一進一退の攻防の末、ライダーの新必殺技が炸裂。

「ライダードロップキーーーック!!!」

それ・・・ただの体当たりだよね!

足すら使ってないのにキックっておかしいね!








■第75話「毒花怪人バラランガ 恐怖の家の秘密」


冒頭、滝が新怪人バラランガに襲われ、

バラの香りで眠らされます。


そこに駆け付けた少年ライダー隊たちは焦ります。

「大変だ!本部へ連絡だ!こういち!鳩だ!」

そこは鳩なんだね!ペンダントで通信できるんだよね!



目を覚ました滝は、見知らぬ洋館にいた。

目の前には妖しい女性が手に一輪のバラを持って立っている。

上品に振る舞ってるけど、正体バレバレだね!

このタイミングでバラを持った女なんてね!



ところがどっこい!気付きもしない滝。

「ここは、どこですか?」

「バラ館です」

ネーミング!!!もう1個、ヒント出たね!

滝!察しがつくよね!
さっきバラの怪人に襲われたよね!



ようやく気付いた滝を、謎の女性は、バラの香りで再び気絶させ、

ショッカー基地へと運び込む。

最初っから基地に連れてけばよかったのにね!

バラ館の件、全くもって、いらなかったよね!



滝を追って、駆けつけた本郷。

バラランガ&戦闘員に襲われます。


本郷、すかさず変身。ジャンプ一番、屋根の上へ。

「ライダー!降りてこい!」

すぐさま降りるライダー。

うん、わかってる!

ちょっとカッコつけたかっただけなんだよね!



しかし、健闘空しく、滝は連れ去られます。


滝を催眠で操って本郷を殺させようという

ショッカーの企に気付いた本郷は、それを逆手に取ります。


催眠が解けてないフリをした滝が、本郷を殺したという設定で

ショッカー基地に戻り、一芝居を打ちます。


「本郷を殺しました」と滝から報告を受けた地獄大使。

疑う事なく、満面の笑みを見せる。

悪の幹部だけど、本当は素直な子なんだね!



ご満悦の地獄大使は大はしゃぎ。

「よーし!ただ今から貴様をショッカーの一員に加える!」


「待てっ!」

壁のランプが光ります。ショッカーの首領です。

「本郷は生きている!」

知ってたんなら、もっと早く教えてあげようね!



芝居がバレて、地獄大使激怒。ピンチに陥る滝。

すぐさま駆けつけるライダー。

結局、さっきの芝居って何だったんだろうね!



ライダーとバラランガ、最後の格闘。

今回も新必殺技を披露してくれます。

「ライダースクリューブローーーック!!!」

相手の腕を掴んで投げて、木にぶつけるだけだね!

それくらいじゃ、怪人は死なないよね!



バラランガ、絶命します。

うん・・・まぁいいよね!

『何でもアリ』が仮面ライダーだもんね!





仮面ライダーW、終わっちゃいましたね

今まで数々の映画やドラマのレビューを書いてきたが、

そのほとんどが、観た事ないやつでした。



そこで、今日は・・・



僕が本当に大好きで、何回も観ている

「仮面ライダー」をレビューしてみようと思います。



平成ライダーも全部観てるんですが、

僕はやっぱり昭和ライダーが大好きで・・・


中でもダントツは1号ライダー&2号ライダーが活躍する

第1作目、「仮面ライダー」です。


約2年間、98話も作られた、大ヒット作。


今日はその中から、

僕の選りすぐりの3話を紹介したいと思います。


第71話?73話、関西ロケ三部作です。



その前に、この3話に登場する人物を紹介します。


本郷 猛/仮面ライダー1号。

一文字 隼人/仮面ライダー2号。

立花 藤兵衛/おやっさん。立花レーシングクラブオーナー。バカ。

滝 和也/FBI捜査官。バカ。

ユリ・ヨッコ・チョコ/立花レーシングクラブ所属。通称ライダーガールズ。バカ。

地獄大使/ショッカー幹部。バカ。



では、ネタバレしないように・・・

ツッコミどころだけを紹介します!






■第71話「怪人アブゴメス 六甲山大ついせき!」


本郷と滝は、一路、神戸へ向かいます。


すると、メキシコからやって来た怪人アブゴメスが、神戸港に降り立ちます。

民間のフェリーからね!


その任務は、有馬温泉に滞在中の電子工学権威木原博士の誘拐。

わざわざメキシコから呼ばれたのにね!


目的は日本中の電波を妨害するシステムを作らせるため。

東京ではなく、六甲山にね!


そして、立花レーシングクラブご一行は、何故か関西バス旅行中。

足手まといにならなきゃいいね!


ところが、案の定、現れたショッカーに

いとも簡単に捕まり、連れていかれます。

ショッカー関西支部にね!


一方、そんな馬鹿げた事件を知らない本郷はアジトを突き止めるため、

木原博士に成りすまし、わざとショッカーに捕まります。

ヘッタクソな変装と芝居でね!


さぁ、ショッカー関西支部へと連行です。

六甲山ロープウェイに乗ってね!


ロープウェイの中で変装がバレて、バトル開始。

健闘空しく、ロープウェイから落とされる本郷。

ぐにゃんぐにゃんの人形がね!


ライダーを倒してテンションの上がったショッカーが、

人質も殺そうとした、その時!

どこからともなく、ライダーの声が!


「待てぇ!アブゴメス!」

「どこだ?ライダー!姿を現せ!卑怯だぞ!」

人質抱えて、よく言えたね!




■第72話「吸血モスキラス対二人ライダー」


立花レーシングクラブの関西バス旅行は続いている。

前回あんな目に遭ったばっかなのにね!


勝浦温泉に到着した一行を目撃した地獄大使がひと言。

「あいつらがこんな所にいるとは・・・面白い事になりそうだ」

あぁ、コッチも前回の事、忘れちゃったのね!


またしても捕まる立花レーシングクラブご一行。

連れて来られたショッカー基地は、ただの露天風呂。

温泉地だから仕方ないね!


駆けつけた一文字隼人に、状況説明をする立花藤兵衛。

「まさか、こんな所でショッカーが現れるなんて」

だから、前回も現れたよね!

てか、前回の時点でバス旅行やめるべきだったよね!


一方、ショッカーの露天風呂付基地では・・・


助けに来た本郷と滝の目の前で、

露天風呂に入れられてのぼせている人質。

温泉地なら、拷問はやっぱ熱湯風呂だね!


恐る恐るお湯に手を入れてみた滝がひと言。

「熱いっ!」

竜兵さんも真っ青だね!





■第73話「ダブルライダー 倒せ!!シオマネキング」


立花レーシングクラブのバス旅行、もちろん継続中。

もう、ツッコむ言葉が見当たらないね!


場面は変わって、船で釣りを楽しむ、

海洋学の坂井博士がショッカーの怪人に襲われます。

木原博士の事は、もうどうでもいいのね!


シオマネキングと坂井博士の会話。

「ショッカーの為に『海底都市』を作れ!」

「断る!」

そりゃそうだよね!一人じゃ無理だよね!


ショッカーは次に、勝浦のホテルに滞在中の、博士の妻子を襲います。

ホテル内を逃げまどい、露天風呂に追い詰められます。

前回のショッカー基地と全く同じ場所だね!


そして、颯爽と現れた本郷に向かって、

初対面となるシオマネキングがひと言。

「本郷猛!俺は・・・シオマネキング!」

聞いてないよね!

でも、「初めて会った人に挨拶」はマナーだね!


ライダーに変身し、シオマネキングとの戦いの舞台は水中へ。

お互い着ぐるみに空気入っちゃうんだね!

だから、そんなにモタモタしてるんだよね!





いや!悪意はないですよ。

僕、本当に好きなんですよ。


変身シーンとか、戦闘シーンとか、

単純にカッコいいですもん。


ただ、それと同時に、

ストーリーの粗をつつくという楽しみ方もできる、

数少ない名作ドラマなのです。

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ファンキーガッツマン

Author:ファンキーガッツマン
ここは天国ですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。