スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青春群像劇 7

■第7話『上昇』




「どーする?俺っ!!!」

夜の帳の中、温度宮は1人葛藤していた。













遡る事、数時間。

土曜日、夕方。

4人は、とあるバス停に降り立っていた。
そして、ファン持と温度宮は若干勃っていた。

しつこい。







路線バスを降りて数分後、琴乃と凛香は立ち止まった。
しかし、ファン持と温度宮の勃ちは止まらなかった。

しつこい。






「ここのスーパーで夕飯の買い物していっていい?ここ過ぎちゃうと、お店とか無くなっちゃうんだよね」

琴乃がそう言うと、今度は凛香が口を開いた。

「今夜はね~・・・琴乃とあたしで料理を作りまーす!」

「えっ?2人の手料理?・・・困ったなぁ・・・」

「あ・・・もしかして・・・こういうの、迷惑?」

「いや、そうじゃなくてさ。今、地球上で2人の手料理食べられるの俺らだけでしょ?全人類を敵に回しちゃったかなって」

「ファンガツくん、大袈裟だよぉ!(笑)」



「困ったなぁ・・・」

「えっ?温度差くんも?」

「だって、ファンガツ先輩と俺・・・『凛香ちゃんと琴乃ちゃんの手料理を食べた男』としてギネス載っちゃうじゃん!」

「ない!ない!ない!(爆笑)」

そんな会話をしながら、4人はスーパーへ入っていった。



「ところで・・・何を作ってくれるの?」

カートを押しながら、温度宮は尋ねた。

「あ!あたしたちね、そんなに料理得意って訳じゃないから・・・ベタだけど、カレーなんてどうかなぁ?」

温度宮は考えた。

カレー
 ↓
トロトロのルゥ
 ↓
あたし、もうトロトロよ

「カレー大好きッス!!!」

温度宮の角度は五十度に達した。






「あ!そしたら、白いご飯はどうする?出来合いのヤツ買う?」

ファン持は尋ねた。

「それなら大丈夫!別荘にお米常備してるから」

ファン持は考えた。

お米
 ↓
オコメ
 ↓
オメ・・・

「お米大好きッス!!!」

ファン持の角度も五十度に達した。





カレーに必要な材料をほぼ選び終えた時、凛香が口を開いた。

「ねぇ・・・お酒も買っちゃう?」

「お酒・・・?」

ファン持と温度宮は考えた。

お酒
 ↓
泊まりでお酒
 ↓
酒池肉林

「ったく!しょーがねーなぁ!!!」

2人の角度は百八十度に達した。











土曜日、夜。

「いや~、さっきのカレー、ほんっと美味しかったよ」

夕食を終えた4人は、大きなリビングの床に座りながら、缶ビールや缶チューハイを手にしていた。

「俺・・・これからも琴乃ちゃんの手料理、食べたいな」

「ちょっ・・・急に何言ってんの?ファンガツくんったらぁ!いつものアレ?雑に口説くヤツ?」

「俺、今、本気で言ってるんだけど?・・・ダメかな?」

「えっ?・・・うん・・・こんなので良かったら、これからもファンガツくんに食べて欲しいよ・・・」

「じゃあ・・・俺と付き合ってくれる?」

「・・・うん」






「ちょっと~!な、なに2人でいい感じになってるのぉ!あたしも温度差くんもいるんだよ?そういうのは2人っきりの時にしてよ~!でも・・・カップル成立だね!琴乃、おめでとっ!」

「凛香ちゃん・・・」

「な、なに?温度差くん」

「もう1組、カップル成立させない?」

「えっ?」

「俺は、凛香ちゃんの事、大好きだよ。初めて会った日から、凛香ちゃんの笑顔が頭から離れないんだ。だから・・・」

「嬉しい・・・あたし、温度差くんがあたしの事好きだったらいいなって思ってたから・・・今、すごく嬉しい・・・」




「なんだよ~、そっちこそ俺らのいる前で!まぁ、でも、忘れられない夜になったね!改めて、乾杯しない?」

「いいね!いいね!」

「それじゃ・・・俺たち4人の記念日に、乾杯!」

「カンパ~イ!!!」










土曜日、深夜。



酒に慣れていないファン持は、酔い潰れて爆睡していた。

酒に慣れていない凛香も、酔い潰れて爆睡していた。

酒に慣れていない琴乃は・・・


























酔っぱらって、温度宮にもたれ掛かっていた。







「どーする?俺っ!!!」

夜の帳の中、温度宮は1人葛藤していた。




ダブルデート~深夜編~につづく。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

しっかり3つもリンク貼ってんじゃん!!
しかも懐かしいヤツじゃん!!
ずるいヤツじゃん!!
そりゃ笑ったじゃん!!
んで、やっぱバスケ全っっ然全っっく関係ないじゃん!!
思った通りじゃん!!

でも、もうどうせだから恋のトラベリングしちゃえばいいのに(笑)
なんて、バカ言ってる。

No title

いいですねぇ
今日から本格的にツイっている(←言うの?)私ですので、
ツイッターにてブログ更新を知り、1から拝読させていただきました。
なんでだろう、女の子たちとの会話を読んでるだけで赤面するのは。

次回、温度宮が二人の女の子とちょちょいのちょいっとダブルドリブルしちゃいなさいよ(笑)
なんて、バカ言ってる。

なんすか!?このオイシイ展開はニヤニヤしながら読んじゃったじゃないですか!!w

期待するなオチがくるオチがくる!…セーフ!やりい!!!…いや期待するなオチがくるぞ!オチがくるぞ!…セーフ!
とここまで読んじゃいましたよ。
そしてカップル成立からのまさかの寝○るかどうかの選択という、続きが………楽しみです!!!

ツイッターで社会問題にメスを…って本当だったんですね。上がってる部分がありますもんね(日経株価が上昇)……って。
えっとね、人間観察してますね。
みんな寝てる中、起きてる女子はいます。
夜行性の肉食ですね。続きワクワクです!

ポリンキーさんへ

過去ボケから探して来るの、
超大変だったんだからね!!!

まぁ、でもふざけちゃった事は認めます。

だから、次回は心入れ替えて、
純粋にバスケの物語でがんばります!!!

クッタスさんへ

ようこそ!我が相方!!

いつの間にか、こんな物語が始まってたんですよ~。


> なんでだろう、女の子たちとの会話を読んでるだけで赤面するのは。

これはクッタスさんも、
思春期男子の心を持ち続けている証拠ですよ!

ちなみに・・・

温度差さんなんて、
赤面どころか勃起してますからね!!!

温度差さんへ

もっふっふっふ・・・

実はこれ、
温度差さんがちょっと前に遭遇した、
例の「後輩の狙っている女」事件が題材なんですよ!

まぁ、ある意味ノンフィクションでさぁ!!!

ponさんへ

そうですね!

メスを入れるっていうか、
メスに挿れるっていうね!!

・・・黙らっしゃーい!!!

とりあえず、ダブルデート編は次回で終了なので、
本編に戻るまで、もう少々お付き合いくださいませ!
01 | 2017/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

ファンキーガッツマン

Author:ファンキーガッツマン
ここは天国ですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。