スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青春群像劇 2

■第2話『交錯する想い』

無事に部の名前が元に戻り、全国大会へ向けてやっと一歩前進した、思特高校バスケ部。
しかし、その道のりはまだまだ長く険しいものであった。





とある放課後、バスケ部の部室でマ咲は部員を集めて、こう話した。

「みんな聞いてくれ!今の俺たちには、まず足りないメンバーを探す事が先決だ。しかし、大会までそんなに時間はない。そこで、今日から数日は練習を中止して、メンバー探しに集中しょうと思うんだが」

「確かに、そこからッスね」

ファン持は頷いた。

「最低2人・・・試合の流れを考えると交代メンバーも欲しいとこッスけど、贅沢言ってられないッスもんね」

「いいね!いいね!」

pon條も同意した。

「いよいよ思特バスケ部始動って感じですね!みんなで頑張ってメンバー見つけましょ!」



「あの~・・・」

温度宮が手を挙げた。

「何だ?温度差」

「ちょっと思ったんですけど・・・部の名前も戻ったんだし、辞めていった部員たちに戻って来てもらったらどうでしょうか?短時間でチームの完成度を上げる為には、やはり経験者の方がいいですよね?」

「確かに!俺とした事が、そんな事にも気付かないとは・・・キャプテン失格だな!ハッハッハ」

マ咲は頭をかく仕草をして、おどけて見せた。



「それは無理だよ!温度差くん」

「えっ?どうしてですか?ponさん」

pon條は、珍しく神妙な面持ちで話し始めた。

「だって、キャプテン・・・・・・」





















「マジ嫌われてるから」

ババァーーーン!!!

「えええぇぇぇ!!!俺、そんなに嫌われてんの???」



すると、ファン持も重い口を開いた。

「温度差は入ったばかりだから知らないと思うけど、バスケ部辞めたヤツらで作ったLINEのグループがあってさ。そこにはキャプテンの悪口が溢れ返ってるんだ。やれ『ハピネスチャージとか頭おかしいんじゃね?』だの、やれ『悪いのはマッピーでした』だの、やれ『下ネタばっかでサイテー』だの、やれ『悪いのはマッピーでした』だの、やれ『昼間っからビール飲みやがって』だの、やれ『悪いのはマッピーでした』だの、やれ『悪いのはマッピーでした』だの、やれ『悪いのはマッピーでした』だの、やれ『悪いのはマ

「もうやめろぉぉぉ!!!ってか、お前、何でそんなに詳しいんだ!!!」

「何でって・・・・・・」





















「そのLINEグループ作ったの、ボクなんで」

ババァーーーン!!!



「あのLINE、楽しいよね~!『悪いのはマッピーでした』って書きこんでるのは全部ファンガツくんだけどね(笑)」

「ponちゃんもメンバーなのぉぉぉ???」

ババァーーーン!!!





「じゃあ・・・さっき『キャプテン失格だな』っておちゃらけてましたけど、キャプテンどころか、人間失格なんですね?」

「温度差ぁぁぁ!!!」

ババァーーーン!!!























「と、とにかく・・・新メンバーを・・・探そう・・・」

どれくらい時間が過ぎただろう。
マ咲の涙は、とうに枯れ果てていた。



「じゃあ・・・」

温度宮が立ちあがった。

「自分、女の子をナンパしてきます!誰か手伝ってくれませんか?」

「ちょっと待て!何を言ってるんだ?温度差。俺たちはバスケ部のメンバーを探さなきゃいけないんだぞ?ふざけてる場合じゃないんだぞ!!」

「ふざけてなんかいませんよ!まぁ、俺の考えを聞いてください。つまり、こういう事です」



■温度宮の考え
1.かわいい女の子をナンパする
    ↓
2.女子マネージャーにする
    ↓
3.それ目当てで入部希望者殺到
    ↓
ついでに、その女子マネを食っちゃう






「なるほど・・・」

一同は、しばし考え込んだ。






■マ咲の考え
1.かわいい女の子をナンパする
    ↓
2.でも、ナンパなんてした事ないし
    ↓
3.まぁ、イケメンの温度差に任せれば大丈夫か
    ↓
あ!そんな事より、今日レンタルビデオ店の新作入荷日!



■pon條の考え
1.かわいい女の子をナンパする
    ↓
2.自分よりかわいい女子だったら?
    ↓
3.でもって、自分よりオッパイ大きい女子だったら?
    ↓
あたし、チヤホヤされなくなっちゃうじゃん・・・



■ファン持の考え
1.かわいい女の子をナンパする
    ↓
2.ナンパについてくるのは、どうせ軽い女
    ↓
3.夜のマンツーマンディフェンス
    ↓
マン?丁寧な言葉で言うと、おマン・・・
















「まかせた!!!」
「貧乳で悪かったな!!!」
「イクぞ!温度差!!!」








思特高校バスケ部。
メンバー集めの為、ファン持と温度宮はかわいい女の子をナンパする事となった。
第2話にして早くも脱線した感がプンプンだが、この物語はあくまで、バスケットに情熱を注ぐ若者たちの、青春群像劇である。

つづく。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

ちなみにTwitterでは #と言えとファンキーガッツマンが言ってました が大流行してますよねw

バスケは詳しくないし、プリキュアも観たことないけど、続きに期待します!

めちゃ嫌われちゃってーwww
これからまとまっていかなきゃって時にww
それぞれの考えの中で、
少しずつ物語は進んでるね!
ん?貧乳?ノンノン!並にあるから!

No title

なんか始まってた!っていうかもう2話目だった!!
この調子でいくと、明日には6話目ぐらいまで進んでるんだろうなぁ。すげーなー。バカだなー。すげーバカだなー。

あ、ところで壁ドンの2位ってなんでしたっけ??

ついにナンパ編に突入ですね!
それぞれの思惑からどのような展開が、待っているのか…続きが気になる!

マッピーさんオイシイキャラですね。
愛されゆるふわキャラで羨ま(略)

マッピーさんへ

大流行してねぇわ!!!
使ってんの、お前だけじゃん!

これからキャプテンには大活躍してもらいますから、
乞うご期待!!!

ponさんへ

ほんとにね!
貧乳なんて失礼ですよね!!

緑のオッサン直伝の豊乳体操でデカくなってるっつーのね!!!

ポリンキーさんへ

思特バスケ部が今後試合できる為に新メンバー登場するんで、
ポリンキーさんにも登場してもらおっかな!


> あ、ところで壁ドンの2位ってなんでしたっけ??

せっかく収まったのに、ぶり返すんじゃねぇ!!!

温度差さんへ

次回は温度差さんとボク、大活躍ですよ!

そして次回も、マッピーさんもオイシイキャラですよ!

ご期待ください。
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ファンキーガッツマン

Author:ファンキーガッツマン
ここは天国ですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。