スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青春群像劇 1

■第1話『情熱の彼方に』



「よーし、今日の練習はここまでにしよう。みんな、集合してくれ!」

3年生キャプテンのマ咲 ピー太郎(まさき ぴーたろう/通称マッピー)が号令をかけた。







私立 思春期特有の学園高等学校、通称「思特(しとく)」。
まだ創立して10年にも満たない新設校ではあるものの、文武両道を掲げ、野球部・サッカー部・水泳部・レスリング部等々、全国にも名を轟かす程のスポーツ強豪校である。

今、この体育館にいるバスケ部を除いては。









「お疲れ様です!これ、どうぞ!」

女子マネージャーがタイミングよくタオルを配る。

彼女の名はpon條 po乃香(ぽんじょう ぽのか/通称pon)。
紅一点の2年生女子マネージャー。
多少天然な部分もあるが、気配りもできて、明るい性格の彼女は、もはや思特バスケ部には欠かせない存在となっている。

「ponちゃん、サンキュ。・・・よし!みんな聞いてくれ。いよいよ高総体まであと1ヶ月を切った。今年こそ、全国目指して・・・」

そこまで言いかけた時、1人の男がそれを遮った。



「無理っしょ」

彼の名はファン持 ガツ哉(ふぁんもち がつや/通称ファンガツ)。
現在2年生だが、1年の入部時から即レギュラーの座を獲得したポイントガード。広い視野と、流れを読む能力と、芸術とも呼ぶべきパスセンスを持ち合わせた、ゲームメーカーだ。

「何だと?」

マ咲の希望に満ちた眼差しが一変した。



「夢見るのは勝手ッスけど、そういう熱い感じ?迷惑なんスよね」

「なんでそんな事言うんだ!お前は・・・お前は、誰よりもバスケが好きで、誰よりもバスケに熱い情熱を注いでるヤツだって、俺は知ってるぞ!」

マ咲は激しい怒りを覚えた。
決して才能に恵まれた訳ではなく、人一倍の努力でここまで上り詰めてきたマ咲にすれば、羨ましい程の才能を持っているのに、やる気のない発言をするファン持が許せなかったのだ。



「そうやって決めつけられるのも迷惑なんスよ」

「いいか?今年は彼も入ってきてくれたんだぞ!!」

マ咲の指差した先には、1人の1年生が立っていた。



彼の名は温度宮 差助(おんどみや さすけ/通称温度差)。
中学時代、「10年に1人の逸材」と称された全国区のスモールフォワード。その実力は高校レベルをも凌駕する程だった。
そんな彼が数多の強豪校からの誘いを蹴って、思特に入学してきたのだった。

「正直、チームメイトに頼るしかない自分が情けないが・・・でも、お前と温度差がいれば、全国も夢じゃないんだっ!!!」

「それでも無理ッスよ」

「何故そんな事言うんだ!力を合わせて頑張れば・・・」

「頑張れば?夢が叶う的なヤツッスか?現実見てくださいよ、キャプテン」

「お前、いい加減にしろよっ!!!!」

マ咲は、ファン持の胸ぐらを掴み、叫んだ。



「離せよっ!!!俺だって・・・俺だって全国行きてぇよ・・・」

「ファンガツ・・・」

「あんたの言う通りだよっ!!俺は・・・バスケが好きで好きで仕方ないんスよ・・・」

いつの間にか、ファン持の目には涙が溢れていた。

「でも・・・無理なもんは無理なんスよ・・・」

「そこまで言うなら・・・お前が無理だと断言する、その根拠を言ってみよろっ!!」

「根拠も何も・・・・・・・」






















「俺ら3人しかいないじゃん」

ババァーーーン!!!





「去年の夏、3年が引退して、あんたが新キャプテンになった途端、20人もいた部員みんな辞めちゃったし!今年だって、温度差以外1人も1年生入ってこねぇし!明らかにあんたのせいじゃねぇッスか!!」

「た、確かに・・・原因はわからんが」

「はぁ?原因がわからない?それ、マジで言ってんスか?」

「あぁ、特に思い当たるフシは・・・」

「なら教えてやるよ!あんたが独断で決めちゃった改名だろーがよっ!!!」

「えっ?あの改名が原因?そ、そんな馬鹿な・・・」






体育館と校庭の間にある、各部の部室が連なる2階建てのプレハブ。
その1階真ん中に位置するバスケ部部室のドアの上。
























ハピネスチャージ♡バスケ部

「明らかにプリキュアじゃねーかっ!!!」

「そ、そうだったのか・・・これが原因だったのか」



「わたしはいいと思ったけど?」

pon條がきょとんとした顔で口を挟んだ。

「いい訳ねーだろっ!!部の名前にハートが入るとかアホじゃねーの?」

「でもさ、こんな言葉もあるよ!『マツコ批判、したい時にマツコなし』・・・ってね」

「・・・・・・・・・・・・・いや、さっぱり分かんない。上手い事言っただろ?的な顔してるけども!」



すると、黙り込んでいたマ咲が口を開いた。

「そういう事か!だからファンガツは、放課後教室で着替えて、直で体育館に来てたのか!!」

「いや、それは合ってるけども!!なんでさっきので分かるの???おい、温度差!お前はおかしいと思うだろ?」

「そうですね・・・たしかにハピネスチャージはちょっと・・・」

「そうだよな!そうだよなっ!!」

「やはり、学生の醍醐味と言ったら、女子の夏服から透けるブラ線。これだけは譲れませんね!」

「・・・・・・・・・・・・何の話だよっ!!!その意見は否定しないけども!」



1人だけ汗だくになっているファン持は、「もしかして俺の方がおかしいのか?」という疑念を必死に振り払った。

「まず名前を元に戻せ!!話はそこからだ!!!」











思特高校バスケ部。
マ咲 ピー太郎、ファン持 ガツ哉、温度宮 差助、pon條 po乃香。
バスケットに情熱を注ぐ4人の若者たちの物語が、今ここに幕を開けた。

つづく。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

部員数少なwww
これから増えてくんですかね〜。
一癖も二癖もある登場人物の活躍が、
楽しみです*\(^o^)/*
どんな話になるんだろー!ワクワク!

Twitterにも書きましたが、童貞と思われる後輩の送りオオカミ補助でグッタリしてた所、このブログを見て癒されたッス。

マッピーさんは風ッス。
ファンガツさんは林ッス。
ponさんは火ッス。
俺は土ッス。
見切り発車ッス。

酔った後輩と酔ったカワイイ女の子をタクシーに乗せて俺は後輩の家に向かったッス。
二人とも車内では爆睡で俺にもたれかかる女の子の太ももを撫でながら一人で運転手と話していたッス。
無事に後輩の家の前について、運転手に謝りながら寝ている二人を強引に起こしたッス。
後輩は訳が分からず「マジっすか?」と繰り返していたッス。
女の子はむしろ後輩の家に上がることにノリノリだったッス。

さすがに後輩の初体験が3Pは問題があったッス。
だから早晩俺が消える予定だったッス。
なのに後輩がビビったのか消えたッス。
残された俺と女の子は完全にいい感じのムードになっちゃってAからB…そして俺は葛藤してたッス。
後輩の為にセッティングした状況なのに俺は何をしてるんだと思ったッス。
しかも後輩の家でッス。
欲望と先輩としての男気の葛藤の中、俺が取った行動は『続きを読むには有料会員になる必要があります』

序章・・・

[斜体]バスケ部だったんですね![/斜体
あと15秒で試合が終わっちゃうけど
汗ですべるバッシュまるで歌うイルカみたいさ
青春てワンツスリジャーンプあばれまくってる情熱

やればできるさバスケット なんかほら 3人でやるやつあったじゃん
スマップとかやってなかったっけ昔]

ponさんへ

twitterで話した通り、完全に見切り発車です。

この先どうなるか、作者のボクにもわかりませんが、
キャラクターたちが勝手に動き出すんですよね。



と、プロの漫画家っぽい事を言ってみた。

温度差さんへ

風林火土!!!!!!

しかし、こういう話、大好物ッス。
ちょっと前かがみになりながら読んだッス。
twitterで教えてもらった手順で有料会員の手続きするッス。

ミードリーさんへ

ご来場、ま~ことにありがとうございま~す!

当ブログは、至って真面目な純文学ばかりではございますが、
お付き合いの程よろしくお願い致しま~す!




あと、ミードリーさんのコメントに
ponさんと同じニオイを感じました!!!
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ファンキーガッツマン

Author:ファンキーガッツマン
ここは天国ですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。