スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日こそは!とくばんラジオの告知だよ!

昨日は、タイトルと違う内容になってしまって、
本当に申し訳ありませんでした。

さて!
とくばんラジオの件ですが、その前にちょっとだけ・・・



















子供の話をしてもいいですか?









いやね!
ウチの子も10歳になったんですけどね。

んで、この前ふと思ったんですけどね。

子供が大きくなるのって早いなぁって思って。

子供と一緒にいれるのって、あと10年あるかないかくらいですよね?

これからも、ボクが思ってる以上のスピードで子供は成長するんだろうな。

いつか、ボクの元から巣立っていくんだろうな。

ボクも20代の頃、自分の親にわがまま言って、東京に出たよな。

その時、親はどんな気持ちだったのかな。

たぶん、こんなだったんだろうな。










ホワンホワンホワンホワン~~~










コンッ!コンッ!

子「父さん、入ってもいいかな?」

父「あぁ」

ガチャッ!

子「父さん・・・実はちょっと、話があるんだ・・・」

父「やだ」

子「聞けよっ!とりあえず聞けよ!」

父「どうせまたアレだろ?「ボクの手にはどうして水掻きが付いてるの?」って話だろ?」

子「違うわっ!!つーか、水掻きなんて付いてねーわっ!!!」

父「ち・・・違うのか?」

子「改まって部屋入ってきて、そんな話するかよ!」

父「そ、そうか・・・わかった!ちゃんと話を聞こうじゃないか。ちょっと待ってくれ」

ガチャッ!

子「何の音だよっ!!俺、さっき部屋に入ったよねぇ???俺ら、どこにいたんだよ!!!」

父「それで、話って何だ?」

子「実は俺・・・東京に行こうと思うんだ」

父「マジで?ちょっ、マジで?ひよこ買ってきてよ!ひよこ!!」

子「軽いわっ!!旅行じゃねぇんだぞ!!」

父「まさか、お前・・・この家を出て行くってのか?」

子「・・・あぁ」

父「そんな・・・父さんの跡を継いでくれるんじゃないのか?」

子「そう思ってたんだけど・・・」

父「キャバクラで酔っ払って母さんにしこたま怒られる父さんの癖を継いでくれるんじゃないのか?」

子「それは、やだよっ!!!家業の話じゃなかったのかよ!」

父「じゃあ聞くが!東京行って何をしたいんだ?」

子「俺・・・ミュージシャンになる夢が諦められ

父「ダメだっ!!!」

子「最後まで聞いてくれよっ!」

父「フーリガンなんて絶対ダメだっ!!!」

子「ならねぇわっ!ミュージシャンつったの!!!」

父「あ、ミュージシャンか・・・しかし!誰でも簡単になれるってもんじゃないんだぞ!!」

子「わかってるよ・・・」

父「一方・・・フーリガンなら誰でも簡単になれるぞ?」

子「一方・・・じゃねぇよ!!フーリガンにはならねぇよ!!」

父「何か、アテでもあるのか?」

子「向こうでバンドやってる知り合いから誘われてるんだ。ギターとボーカルとして」

父「なるほどなぁ。確かに、お前は昔っからギターだけは熱心だったからなぁ」

子「俺の力を必要としてくれてるんだ!」

父「けどなぁ・・・・・・父さん、人前で歌うのは得意じゃないぞ?」

子「お前、関係ねぇよっ!!!俺がギター弾きながら歌うんだよ!」

父「父さんにボーカルやってくれってお願いじゃないのか???」

子「そんなの頼むかっ!!!親子でバンドなんて恥ずかしいわ!」

父「しかし!厳しい世界だぞ。デビューできるのは、ほんのひと握りなんだぞ?」

子「わかってる。叶わないかもしれない・・・でも!だからって、何も挑戦しないまま諦めたくないんだっ!!!」

父「本気なんだな?」

子「あぁ!」

父「・・・・・・わかったよ」

子「許してくれるの?」

父「そんな熱いハートを持ったヤツを、引きとめられるかよ」

子「父さん・・・ありがとう!俺、死ぬ気で頑張ってくるよ!」

父「出発はいつなんだ?」

子「来週には行こうと思ってる」

父「それじゃ、父さん、それまでに・・・ヴォイストレーニングしておくよ!」

子「いらねぇわっ!!!」

父「ボイスじゃないぞ!ヴォイスだぞっ!ハッハッハッ」

子「うるせぇよっ!もう、いいぜっ!!!」
















それでは次回、
ツイキャス大喜利お題発表でお会いしましょう。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

とくばんラジオにお父さんも、
出して欲しいwww
ファンガルさんとババン子ちゃんの
お父さん是非!
ガツ子ちゃんも是非!
*\(^o^)/**\(^o^)/**\(^o^)/*

ごめん。
名前入れ忘れたww
私ですw

No title

今回のドラマ読んでて、
「あれっ?ファンガツさんのお子さんは娘だったよな?」
と思い、なぜ設定が息子だったのか疑問に思いました。

「子供がミュージシャンを目指す」って話なら、
別に娘でも今回の話は成立したのに。

察するに、「父と娘」でやると、リアルに想像しちゃうんですね?
娘さんが「お父さん、私、家を出るから」って光景を
リアルに想像しちゃうんですね?

その意識がストッパーとなり、現実から目をそむけるために
今回の設定を選択させたのですね。

安心してください。
数年後、娘さんはきっと素敵な男性をつれて帰ってきます。
そしてその男性と(心も肉体も)結ばれ、
やがてケンスケさんの面影を感じるお孫さんの顔を
見せてくれるはずです。

その時が待ち遠しいでしょ?

No title

もぅ〜!ホントにカウントダウンブログになっちゃってるじゃないですかぁ〜!あれ程ダメだって言ったのにぃ〜ww

しかし、今回もまたお得意の漫才形式パターンで相変わらず面白いっすね!!
ほんとによく思いつくもんだと感心します。別に全然憧れませんけど。

さて、お遊びはこの辺にして、次回こそはお題発表しちゃいましょう!ラジオまでのカウントダウンは発表後も全然続けられますしね!

ponさん

ガツ子にならまだしも、
親にはあんな姿、絶対に見られたくないよね!

おマッピー

察するな!!!

んで、そんな日が来てたまるか!!!

娘の結婚は許しませんよ!わたくし!!!

ポリンキーさん

そっか。
さっさとお題発表してから、ゆっくり更新すればいいよね?

・・・ってアホかぁ!!!

という事で、次はお題発表です。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ファンキーガッツマン

Author:ファンキーガッツマン
ここは天国ですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。