スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには国語の勉強でもしてみませんか?

う~ん・・・
どうにも腑に落ちないなぁ・・・

『新』という漢字。

音読みは『しん』これは置いといて・・・
問題は訓読み。

『新しい』→あたらしい

『新たに』→あらた

これ、おかしくないですか?

これ、どっちかを最初に言い出した人、
絶対噛んだだけだよね?



仮に『あらた』の方が元々正しかったとしましょうか。

ホワンホワンホワンホワ~ン・・・









侍A「拙者の刀が折れてしまったでござる・・・」

侍B「それは一大事ですな!」

侍A「困ったでござるよぉ・・・」

侍B「ここで悩んでいても仕方あるまい。
   鍛冶屋に頼んで、あたら・・・あらたしいのを作ってもらっ」

侍A「えっ?・・・今、噛んだ?噛んだよねぇ、今!」

侍B「は~ぁ?噛んでません~!あらたって言いました~!」

侍A「いやいやいや!ハッキリ言ったじゃん!
   えっ、えっ、えっ、何?あたらって・・・ププッ」

侍B「・・・・・・」

侍A「ウケる!お前のあだ名、今日から『あたら』な!」

侍B「・・・・・・」

侍A「いや・・・泣くなって!冗談じゃん!」

侍B「・・・・・・誰にも言わない?・・・ヒックヒック」

侍A「言わないってば!だから泣くなって!なっ?」

侍B「・・・・・・うん・・・分かった」








侍C「おい!将軍様が呼んでたでござるよ・・・あたら殿!」

侍B「!!!」








店主「へいっ!天ぷらそば、お待ちっ!あたらさん!」

侍B「!!!」








町娘「あっ!今日もステキ!あたら様!」

侍B「!!!」








子供達「あー!あたらが来た!逃げろーーー!!!」

侍B「!!!」









将軍「おぉ、来たか、あたらよ!」

侍B「!!!」

将軍「今日呼び出したのは他でもない。
   お前、あらたを噛んであたらっつったんだって?」

侍B「・・・・・・侍Bの野郎」

将軍「そこは、なかなか噛まないよね?
   逆に斬新っつーか、それこそ、あたらしいよね!
   なんつって!アハハハハーーーーー!!!」

侍B「・・・・・・」

将軍「いや・・・泣くなって!冗談じゃん!」

侍B「・・・・・・誰にも言わない?・・・ヒックヒック」

将軍「言わないってば!だから泣くなって!なっ?」

侍B「・・・・・・うん・・・分かった」











瓦版「号外!号外~!!!おっ!お侍さんも一枚どうぞ!」








独占スクープ
江戸幕府、新しいの読み方を
あたら』に決定!?


侍B「!!!!!!」










ホワンホワンホワンホワ~ン・・・







そして、現在に至るらしいよ。
(監修:金田一秀穂)

























でお馴染み、
性(SHOW SAY)!でした!!!

バーカ!バーカ!バーカ!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

さっそく性(SHOW SAY)使ってる!!

その性(SHOW SAY)がリレー小説やりたがってるけど

次回まとめ役の温度差さんが動かないので

ガッツマンさんがリレー小説のまとめ役をかって出てはどうでしょうか

今は参加者が集まりにくいので

ガッツマン→おきゃん→ガッツマン→マッピー→ガッツマン→・・・・

って感じでガッツマンさん絡みで話を進めればおもろいんじゃないでしょうか???

No title

この発想はあらたしい!!!

No title

ほ~~~
確かに言われてみれば『新たに』と『新しい』ってなんか気持ち悪いっすねぇ。

古田新太も、『ふるたあたた』になりますわな。
じゃぁいっそ『ふるたしんた』でいいんじゃね?ってことになりますわな。

でも、侍Bが噛んでくれたおかげで新しい日本が切り開けたのですよ。うん。

上手いこと言うわぁ~~

No title

侍B、ド悲惨ww
村中知ってるww

しかし漢字はほんといろんな読み方があって
むずかしいですね~
なんで日本だけひらがな、カタカナ、漢字と3種類も
あるんでしょうか・・・

No title

全然意識した事はなかったけど言われてみれば確かに!
そして、その先の想像力に乾杯です!(笑)
でも実はこうゆう妄想(?)が実は事実だったってことが結構ありますから、ホントにそうだったら面白いですよね。
古い文献が新たに見つかって、そこには
「とある侍が『あたら』を『あらた』と言い間違いがいし候。それを皆が面白おかしく使いしなり。しかる後に『あらた』という新しい読みが生まれしけり」
とかなんとか(笑)

No title

なるほど~。
侍B、いい仕事しましたーww

泣き虫だってとこも、微笑ましいw

この仮説が事実だとしたら、
ラジオ体操の歌の歌詞が、
「あーらーたしーい朝がきたっ」が本当なのかなw

歴史に対する素晴らしい新解釈ですね!!

じゃあ仮に、一歩間違えば『北斗の拳』のケンシロウの
掛け声が「あらたたたたたた」になっていた可能性も
あったんですね!?

どっちでも問題は無さそうですが(笑)

取鳥さん


性(SHOW SAY)気に入ったので、
また使ってみます!

リレー小説ですか!
またやりたいですね!

僕がまとめ役・・・
ふざけないで出来るかしら(笑)

アメーバの方が見る人多いだろうから、
あっちで告知してみますか!!!

・・・そのうちね。

guppyさん


分かりました。
それが言いたかっただけですね(笑)

クッタスさん


これ、
マジで昔から疑問だったんですよね。

あぁ、古田新太ね・・・

うん・・・

うん・・・

「上手いこと言うわぁ~~」じゃねぇよ!!!(笑)

ブタマンさん


まぁ、今も昔も
「誰にも言わない」=「みんなに言う」だったんですね(笑)

確かに日本語めんどくさいですよね。
平安時代でしたっけ?
漢字を簡略化させる為にひらがな・カタカナが出来たんですよね。
だったらその時点で漢字を廃止すりゃ良かったのにね!

ポリンキーさん


僕、この説には結構な自信があるんですよ。


> 「とある侍が『あたら』を『あらた』と言い間違いがいし候。それを皆が面白おかしく使いしなり。しかる後に『あらた』という新しい読みが生まれしけり」

だれか、この文献を発見してくれないかなぁ(笑)

ponさん


侍Bは、
かなり茶化された筈です。

それが原因で、
日本初の「ひきこもり」になったらしいですよ。

それにしても・・・
ラジオ体操の件、くだらねぇ!!!(笑)

マッピーさん


こうやって歴史を紐解いていくと・・・
あらたしい物が見えてくるんですね。

正直、
ケンシロウの件は、どうでもいいですが(笑)
03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ファンキーガッツマン

Author:ファンキーガッツマン
ここは天国ですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。