スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『予定』10

―15―

2011年6月24日(金)








男は、
会社に向かう電車の中で、
今日も彼女が電車に乗って来た事を確認した。

午後3時。
「すみません。ちょっと体調が優れないので」と嘘の理由を告げ、
男は会社を早退した。

そして、男は、
代々木へと向かった。

例のカフェで、
窓際のカウンター席に座った男は、
珈琲を注文すると、
カバンの中身を確認し出した。

日中、仕事で使用した書類の他に、
スケジュール帳。
そして、それらをどけたカバンの底には・・・
果物ナイフが1本。






もしも、俺の愛情を理解してくれなかったら・・・
その時は、殺してしまえばいいんだ・・・






男は、いつかつぶやいた言葉を、
小さな声で反芻した。





午後5時10分。
彼女は目の前の雑居ビルから姿を現した。

珈琲1杯分の会計を慌てて済ませ、
男は後を追った。



彼女は、寄り道する事無く、
代々木駅へ行き、中央線に乗り、
国分寺駅で降り、徒歩でマンションまで行き、
エントランスから中へ消えていった。

男は道路を隔てた向こうから、
彼女の部屋を注視した。

辺りは、薄暗くなっていた。
しかし、いつまで経っても、彼女の部屋に明かりが点く事は無かった。

男は苛立った。
1時間以上が経ち、辺りは完全に闇に包まれた。
なのに、彼女の部屋には明かりが点かない。

もう・・・
行くしかない・・・

もし、鉢合わせたら、どうするのか。
第一声は何と言うのか。
どうやって彼女の気持ちを聴き出すのか。

何もプランは無かった。
だが、業を煮やした男の足は、
既にエントランスに向かって歩み始めていた。

エレベーターを5階で降り、
一番奥の部屋まで辿り着いた男は、
ポケットからスペアキーを、カバンから果物ナイフを取り出した。

鍵穴にスペアキーを差し込み、ロックを解除した男は、
そーっと中を覗いた。
しかし、人の気配は無かった。

目を凝らしながら、男は暗い廊下をゆっくり進んだ。

男は緊張した。
全身の毛穴からあぶら汗が滲み出るような感覚に襲われた。
自然と全身に力が入った。

しかし、どこを見回しても、
彼女の姿は無かった。

男は、何故だか、ほっとした。

段々と男の目も、室内の暗さに慣れ始め、
ベッド、チェストボックス、テレビ、メタルラックなど、
見覚えのある景色が飛び込んできた。




うっすらと窓から差し込む月明かりが、
ちょうどローテーブルの辺りを照らしているのに気付いた時、
男は、あまりの驚きに、硬直した。

ローテーブルの上には、
見覚えのある、1冊のスケジュール帳が置かれていたのだ。

どう言う事だよ・・・

男は、右手に持っていた果物ナイフを放り出し、
そのスケジュール帳を手に取った。

同じだ・・・

質感、重量共に、
男が愛用しているスケジュール帳と全く同じである事を、
両手の感覚が、脳に伝えた。

男は、床に座り、
そのスケジュール帳をパラパラとめくってみた。




2011年5月9日(金)
 3人目。今度こそはって思ったんだけどなぁ。
 やっぱり、この男も私の王子様なんかじゃ無かった。
 もう用無しだわ。

    ・
    ・
    ・
    ・

2011年5月25日(水)
 それにしても警察って何て無能なのかしら。
 いつまで経っても私に辿り着かないのね。
 あぁ・・・本物の王子様はどこにいるの?

    ・
    ・
    ・
    ・





3人目?警察?
何が何なんだ・・・
一体、どういう事なんだよ・・・





2011年6月1日(水)
 4人目がいた。
 電車の中で私を見つめてくれる男。
 今度こそ、本物の王子様かも。

    ・
    ・
    ・
    ・

2011年6月3日(金)
 今日も王子様は私だけを見つめてくれてる。
 きっと・・・
 あなたは本物の王子様なのよね?

    ・
    ・
    ・
    ・

2011年6月7日(火)
 今日、彼に声を掛けられたわ。
 嬉しかったけど、でも、
 本物の王子様かどうか確かめなくっちゃ。

    ・
    ・
    ・
    ・





こ、これって、俺の事・・・だよな?
俺が4人目って何だよ・・・

いつしか、男は震えていた。
女性らしい文字で書かれているのだが、
何故だか、このスケジュール帳の文章には、生気が感じられない。






2011年6月16日(木)
 彼は、私を守る為に犯罪を犯した。
 今度こそ、今度こそ、
 私が待ち侘びた、本物の王子様なのね。

    ・
    ・
    ・
    ・

2011年6月17日(金)
 どうして直接会ってくれないの?
 どうして私を奪い去ってくれないの?
 もしかして・・・お前も違うのか?

    ・
    ・
    ・
    ・

2011年6月20日(月)
 あぁ、私の王子様。
 私だけの王子様。
 早く私を奪い去ってちょうだい。

    ・
    ・
    ・
    ・







そして遂に、
男の視線は今日の欄へと進んだ。





2011年6月24日(金)
 ダメだ・・・
 こいつも違ったみたいだ。
 もう用無しだわ・・・





用無し・・・?
俺が、用無し・・・?

余りの異様な文章に引き込まれた男は、
それまで、自分の後ろに立つ気配に全く気付かなかった。

振り返ると、彼女がいた。
いつも男が電車で見とれていた表情とは打って変わって、
恐ろしい程無表情の彼女が、立っていた。

気が動転した男は、
どうして良いのか分からず、
何故か呑気に「ど、どうも・・・」と口走った。

彼女は無表情のまま、
右手を振り上げた。

男は、視線を上げ、
彼女の右手に目をやると、
そこには、先刻自分が放り投げた果物ナイフが握られていた。

男は、恐怖のあまり、
身動きをとる事が出来なかった。

すると、
不意に彼女が、いつもの美しい表情に戻り、
微笑みながら、ひと言つぶやいた。







「いつも同じ電車ですよね」






そう言い切るか言い切らないかのうちに、
彼女は右手を振り下ろした。

何度も何度も、
男の胸に果物ナイフを突き刺した。





薄れゆく意識の中、
男はいつだったか自分が書いた『予定』を思い出した。




 今日、目が合った時に、恐る恐る「どうも」と声を掛けた。
 彼女は「いつも同じ電車ですよね」と微笑んでくれた。
 想像通り、透き通るようなキレイな声だ。
 




カーペットを血で染め蹲る自分の姿を、
まるで虫けらでも見るかの様な表情で見下ろす彼女を前にして、
今、男は笑っていた。

そして、
最後の力を振り絞って、声を発した。







やっぱり、あのスケジュール帳に書いた『予定』は、
その通りになるんだ・・・
愛してるよ・・・愛してるよ、万里香・・・






―エピローグ―

2011年6月25日(土)





休日の昼下がり。

斎藤万里香は、
会社の同僚の二人に誘われ、三軒茶屋のカフェにいた。

「えーっ?もう、あの彼とお泊りしたのぉ?」

「へへっ、まぁ・・・成り行きって言うか・・・」

学生の如くはしゃぐ2人の話を黙って聞きながら、
彼女は、冷め始めた紅茶を飲んでいた。




「ところでさぁ、万里香!」

同僚の一人が急に話しかけて来て、
彼女はハッとした。

「えっ?なぁに?」

「あんた、いつになったら彼氏出来るのよ?」

「べ、別に・・・私の事はいいじゃん」

すると、
大学時代から一緒の、もう一人の同僚が、
神妙な面持ちで聞いて来た。

「万里香、もしかして・・・まだ、あの事信じてんの?」

その問いに彼女は答えなかったが、
最初に話しかけた方の同僚が、その話に食いついた。

「何?何?何の話?」

「大学生の頃ね、万里香と二人で占い師に占ってもらった事があってさ、
 万里香、『あなたを奪い去る王子様が現れる、その時まで待つべし』
 って言われたのを、未だに信じてるのよ!」

「へー、そうなんだぁ・・・じゃあさ、万里香!」

前のめりでその話を聞いていた同僚は、
斎藤万里香の方に向き直って、言った。

「あたしの知り合いに結構イケてる男がいるのよ。
 今度、紹介してあげる!もしかしたら・・・
 その人が、万里香を奪い去る王子様?かもよぉ!」

楽しそうに尋ねる同僚に、
もう一人の同僚も、乗って来た。

「いいじゃん、万里香!会ってみなよ!」

二人は、ワクワクしながら、
彼女の答えを待った。

彼女は、
手にしていたティーカップをゆっくり置き、
口を開いた。








「もし、王子様じゃなかったら・・・その人、殺してもいい?」








―終―
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ガッツマンさんponさんコメと最終回かぶったので

あっぱれマイナス10ガッツ

ガッツマンさんに移動しまーす!!

ってか怖ぇーーーーよ!!

取鳥さん


いや~、カブッたねぇ~!!!

って言うか、
実は、かなり前に、既にブタマンさんに、
「斎藤万里香が連続殺人犯なのでは」と、
オチを言い当てられてたんですけどね(笑)

取鳥さんの言うように、
昨日、慌ててオチを変えようかとも思ったんですけどね・・・

みんながあっと驚くような奇想天外なオチなんて、
そうそう見つかりませんよ(笑)

真面目小説・・・
もう懲り懲りです!!!

次は、思う存分、エロ替え歌だ~い!!!!!

No title

素晴らしいフィナーレ!!
これホントに完成度高いですよ!?
ちなみに個人的予想は・・
彼女が連続殺人犯なのはニュースの伏線の時点で決まっていましたが、分岐として、ストーカー同士のまさかのハッピーエンドか、ハッピーエンドと見せかけて、階段から男を突き落とした事件により主人公逮捕。
または階段から突き落とした男が彼女のストーカー相手で、彼女が主人公を誘い込んでの殺害。
等々を考えていましたが、決して交わる事のない彼女の願望である「奪い去ってくれる王子様」と「ストーカーの性質」から生まれるジレンマからくる殺意は予想したものよりはるかに面白く説得力がありました。
さらに、第1話で『書いた事が現実になる手帳』が「ひょっとしたら本当に不思議な手帳かもしれない可能性を残して、もう少し引っ張っても面白いのになぁ。でも、それだとサスペンス・ホラーの展開にならないか..」とか思ってたら、まさかの最終話でのリンク!!思いもつきませんでした!!
たいへんおいしく頂きました!!!お疲れさまでした!!また是非いつの日かマジなファンガツさんを見せてくださいね??

これだけ楽しませてくれたので、ハンドルネームに関する非礼は特別にチャラにして上げます(笑)

No title

ほんとにすみません!
文章読むのってあまり好きじゃないのでいままで「予定」を読んでませんでした。1から読み出して引き込まれるように10まで読みました。
話の展開、予想外の結末、そしてファンガツさんがこんな小説を書く予想の枠を超える出来事w
すばらしいです。次回作も期待してますね!

No title

緊迫したラストに手に汗かいちゃいました。
追い詰められていく男の成りの果てが、こんな結果を招いて
悲惨なラストに声が出ませんでした。

斎藤万里香の記入している文章が途中から
人格が変わっちゃったかのようになってるのがビビった。

最後の斎藤万里香の言葉、
狂気を含んでいて、こういう終わりは想像できなかった。

ガツマンさん!お疲れ様でした。
取鳥さんも何か『予定』について書いてますねw
センエツながら私も、書いてみます。
次回も、ボケなしの物語をいつかお願いしますねww

No title

いやぁ~~~
彼女のスケジュール帳を順を追って読む件、ハラハラしましたねぇ~~~!
いつのまにか背後にいた無表情の彼女がつぶやく「いつも同じ電車ですよね」、怖いっすねぇ~~~!
10回に渡って本当にお疲れ様でした。
ホラーノベル、読み応え充分でした!





・・・ただ、

ちょっとコレだけは言わせてください。



せっかく最終回、里見浩太郎と八千草薫の絡みで脳内映像化されちゃったぞ!!


おっかしくて笑っちゃったぞ!!!!


最終回まで終わってから前回の記事書きゃよかったジャマイカっ!!!

ポリンキーさん


あざーっす!!!

「真面目小説なんて、もう二度と御免だ!」
って思ってましたが、
そこまで褒められると、また書いてみたくなりますね!

いや~、ハンドルネームの件に関しましては、
ほんと、余計なお世話ですよね?
以後、気を付けます。
ミス・サディストロシアジンドゥフフフフフチャラニシテアゲマスキーさん!

ツヨさん


いえいえ!
僕の処女作を読んで頂いただけでも嬉しいです!僕の処女作を。

いや~、
ともかく処女作なんで、勝手が分からなくて!処女作なんで。

次に書いたら処女作じゃないけど、
またやってみます!処女作じゃないけど(笑)

ponさん


あざーっす!
やっと、無事ゴールできました。

まさか、「飽きっぽい事山の如し」のこの僕が、
二週間もかけてボケ無し真面目小説やるなんてね!
(正確には、最終回直前スペシャルがあったけど・・・)

読んでくれた人たちで、
どんどん『予定』ワールドが広がって行く!
とても光栄です!!!

ぜひponさんにも書いて欲しいです。

クッタスさん


最後までお付き合い頂き、
ありがとうございます!!!

あれ?
おかしいな・・・
イメージぶっ壊しちゃいました?

最終回直前スペシャルで、
テキトーにボケたんじゃないですよ!

僕の中では、第1話を書き始める前から、
里見浩太郎と八千草薫の『予定』だったんだけどなぁ・・・

↑全然、ウマくない(笑)

No title

あらっ。予想が当たってしまったww
斉藤さん、恐ろしい女ですね。男より一枚、上手でしたか。
反面、占い師の言ったことをずっと信じてるという純粋な
ところも。
純粋なぶん、思った通りに行かないと衝撃的な行動を
起こしてしまうのかな・・
男も最後に笑ったしスケジュール帳通りいって
満足して死んでいったんでしょう。
マジ面白かったです!!
また真面目小説書いてください!

ブタマンさん


あざーっす!!!

なんか、
みなさんのコメントがいい感じなヤツばっかりなので、
調子に乗って、現在、次回作の構想を考え中です!

今度は、オチがバレないように頑張ります(笑)
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ファンキーガッツマン

Author:ファンキーガッツマン
ここは天国ですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。