スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『予定』8

―13―

2011年6月17日(金)







不思議と、男の中には、
昨日の出来事に対する罪悪感や恐怖感と言った感情は無かった。

むしろ、彼女の事を守ってあげたと言う、
誇らしげな気持ちで一杯だった。

その、歪んだ愛情が、
男を、躊躇いなく犯罪を犯す事の出来る魔物へと変貌させていた。







夕方5時きっかりに仕事を切り上げた男は、
寄り道せず、真っ直ぐ新宿駅に向かい、
そのまま高尾方面へ行く中央線に乗り込んだ。

そして、
立川ではなく、国分寺で降りた。

ホームに降り立った男は、
スケジュール帳を取り出し、今日の欄を確認した。

今日の欄だけは、いつもと違い、
あの日、彼女の部屋のカレンダーから書き写した内容が、
箇条書きで並んでいた。





2011年6月17日(金)
 小島さん送別会。
 19時、新宿アルタ前集合。





男は、
この日を首を長くして待ち望んだ。

夜の7時に新宿で待ち合わせ。
そこから飲み始めたら、終わるのが9時前後か。
一次会で帰るとしても、マンションへ着くのは、
午後10時・・・

そこまで計算立てた男は、
ホームのアナログ時計に目をやった。

あと4時間はある。

男は、急ぎ足で彼女のマンションへ向かった。











医療用ゴム手袋をはめ、スペアキーを使い、侵入した男は、
まず、彼女の部屋をぐるりと見まわし、
前回侵入した時と同じ風景に、この上無い安らぎを感じた。

今日は、たっぷり時間がある・・・

男は、
前回やりたくても出来なかった事、
クローゼットの中身の確認を始めた。

ハンガーパイプには、様々な洋服が掛けられていたが、
あまり派手な物はない。
その点に、男は好感が持てた。

そして、中棚には、
引き出しタイプの半透明の衣装ケースがあった。

男が興奮に震える手で、その衣装ケースを開けた。

期待通り、
中には綺麗に畳まれた下着類が並んでいた。

ここにもまた、
派手な色や、過激な形の下着は無く、
男は「俺の好みを分かっている」と、何だから嬉しくなった。

その中から、1枚のパンティーを取り出した男は、
そのまま彼女のベッドに身を投げた。

ほのかに残るシャンプーの香りは、
男の鼻孔のみならず、下半身までもを刺激した。

男は、彼女を抱いていると錯覚し、
堪らず、ゴム手袋をはめたままの手で自慰に耽った。

自ら持ってきたポケットティッシュに、精液を出した後、
男はそのまま、ぼーっと天井を眺め、
彼女を初めて見た時から、これまでの事を振り返った。





今では、男は、
彼女のフルネームを知り、
彼女の職場の場所も知り、
彼女のマンションも知り、
彼女がどんな下着を着けているのかさえも知っている。

一番最初に抱いた、
「彼女の事を知りたい」という欲求は、ある程度満たされた。

しかし、
人間とは欲深い生き物で、
男は、新たに芽生えた欲求に気付いた。







万里香に、俺の存在を知ってほしい・・・







多少の不安もあったのだが、
犯罪を犯すのも厭わなくなった男にとって、
その思いを打ち消すのは、他愛もない事だった。

何かしら自分の痕跡を残して行こうと決断した男は、
ベッドから身を起こした。

ふと外を眺めると、
日は暮れかけ、所々の窓に明りが灯り始めていた。

その時、
男の視界にある物が映った。

ベッドの脇にある、胸の高さ程のチェストボックスの上に、
1台のノートパソコンが置かれていたのだ。

男は、そのノートパソコンを取り上げると、
床に座り直し、ローテーブルの上にそれを置き、起動スイッチを押した。

薄暗い部屋の中、
モニタの発光だけが、男の顔を不気味に照らした。

男は、
デスクトップに並んだ様々なアイコンを次々クリックして、
彼女のノートパソコンの中身をチェックしていった。

ネットの閲覧履歴も、メールの履歴なども、
これと言って特に気になる点は無かった。




そして・・・
最後に男は、大胆な行動に打って出た。

ワードソフトの画面を立ち上げ、
カチャカチャとキーボードを鳴らし、
シャットダウンせず、そのままにし、
更に、
先刻、自分の精液を拭ったティッシュを、
ノートパソコンの横に置き、
部屋を後にした。





男が去った仄暗い部屋では、
ノートパソコンの青白い画面だけが浮き上がっていた。







今日は楽しかったよ。
 また会いに来るからね、万里香。








―つづく―
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

怖えええええええええええええ

めっちゃ怖えええよぉ

そして次回から急展開だよおお

万里香が残されたティッシュの臭いで自慰でGでジィイイン淫INいぃん

No title

手袋で指紋を残さないように気をつける一方で、自分を知って欲しいという欲望から明らかな証拠となりうる精液を残す行動の矛盾。
明らかに冷静さを欲望が上回り始めていますね。
こんな風に人は狂気の世界にいつの間にかシフトしていくのだと思います。

ファンガツさんはいつの間にかボケやお下劣の世界にシフトしないように、あと少し我慢してくださいね(笑)

No title

>万里香に、俺の存在を知ってほしい・・・
やっばり!果てない欲望は枯れることを知らず。
自らの存在を、具体的に明かしていく。

歪んだ愛情が、これほど怖いと思い嫌悪感でいっぱいに
なるのは、この世界に引き込まれてしまったのね、私。

ガツマンさんの、物語の進め方、着目点、人間のエグイ部分の描写、
改めて、すげーって思いますww
スピンオフ書く時に、その世界観を損なわないように、書きたいけど、
自信なくなってきたけど、まずはやっぱしこの物語を純粋に楽しみたい
と、思いますww 明日も楽しみだー。

No title

うわぁ~~~
イヤだぁ~~~~~

帰ってきてパソコン起動されてて
マリカさんから書類のダメ出しされてて
しかも無理難題だし、
でもそれを補正しないと認可は下ろせませんね残念ですねどうしましょう?

ううぅわぁ~~~~~


殴りてぇ~~~
こめかみにメリケンサックお見舞いしてぇ~~

が、がんばれ!ストーカー!!!

取鳥さん


なんとかここまで続けてきた真面目小説も、
そろそろクライマックスへ向かいますよ。

あと、
「自慰でGでジィイイン淫INいぃん」とか、うるさい!!!(笑)

ミス・サディストロシアジンスキーさん


今回、真面目小説を書いてて、気付いた事。

こういうのって、
全部書き上げてからアップするべきですね。

これからクライマックスへ向けて・・・
これまでの展開と辻褄合わせるのが大変です!!!



あと・・・
これは、余計なお世話かもしれませんが・・・

そんな長いハンドルネームにしちゃって、
自分はいいかもしれないけど、相手は大変なんですよ(笑)

ponさん


もう、
この男は、完全に壊れ始めてますね。
自分で書いてて、恐ろしいですもん!!!

あと、2・3回で終われる『予定』なので、
もう少々お付き合いください!

クッタスさん


ストーリー、変わってるぅぅぅぅ!!!

まかせておいてください。
ストーカー男がマリカさんを懲らしめてあげますから!

No title

ゴム手袋をしたままの自慰。
自分のムスコにまでも指紋を残さない男の周到さ。

斉藤さん、精液付きティッシュどうするのかなw
発見する頃にはカピカピに・・・

ブタマンさん


斎藤さんも、ちょっと尋常じゃありませんからね、
平気で、食後の口拭いに使うかも知れませんよ(笑)
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ファンキーガッツマン

Author:ファンキーガッツマン
ここは天国ですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。