スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『予定』4

―7―

2011年6月9日(木)








昨夜、
男は満足感に浸りながら、久々にゆっくり睡眠する事が出来た。

彼女の職場、
そして、彼女の住まいまで知る事が出来たのだ。

昨夜、
国分寺駅から徒歩15分程の7階建てのマンションに、彼女は消えていった。
幸いだったのは、それ程新しい建物ではないらしく、
オートロックや監視カメラなどと言った設備は無かった事、
そして、建物の大きさと部屋数から推測する限り、ワンルームマンションだろう、
つまり、彼女は独り暮らしだという事。

エントランスに入ってすぐのエレベーターに乗り込む彼女を物陰から注視し、
フロア表示のランプが5階で停まったのを確認した。

すぐに道路へ出て、建物の5階を見渡すと、
程なくして、一番奥の窓に明りが灯った。

1、2、3、4、5、6、7つ目・・・507号室か

そうつぶやくと、
男は再びエントランスへと向かった。

ふと左側に目をやると、
アルミ製のメールボックスがズラリと並んでいた。
男はその中から目的の場所を探した。

女性の独り暮らしなら、まず間違いなく玄関の表札は無記名だろう。
しかし、メールボックスの方には、これまた運良く、
507と言う印字の横に、女性らしい手書き文字で苗字のみが記されていた。

またひとつ彼女の事を知った男は、
興奮を隠す事なく、エレベーターに乗り込み、5階のボタンを押した。

エレベーターの振動と、
高鳴る胸の鼓動とがシンクロする。

さっき部屋へ入ったばかりなのだから、
着替えやら食事の支度やらで、すぐにまた出てくる事は無いだろう。
そう確信した男は、
5階の一番奥の部屋の前まで辿り着いた。

そっとドアに耳を押し当てたが、
ある程度の厚さがあるのだろう、
特に物音などは聞こえて来ない。

様々過る想いはあったが、男はじっと耐えた。






焦りは禁物だ・・・
場所は分かったんだし、
また、いつでも来れるんだ・・・





心の中で、そうつぶやいた男は、
押し当てていた耳を離し、今度はそっと声に出して言った。





おやすみ、斎藤さん・・・また来るね















―8―

2011年6月10日(金)







男には、ひとつの疑問が生じていた。

「どうも」と声を掛け、そそくさと逃げられた、あの日以降も、
彼女は同じ電車、同じ車両の、同じドア付近の吊革に掴まっていた。

あんな事があったら、
普通は警戒して、時間帯は変えられないとしても、
車両もしくは立つ位置くらいは変えるのではないだろうか・・・

と、男は車両の端から、
辛うじて見える彼女の後姿を捉えていた。

そう、逆に男の方が意識して、
昨日今日と立つ位置を変えていたのだった。





いささか気になる点ではあったが、
取り出したスケジュール帳を開くと、
すぐにその疑念は、男の中から消え去った。

そんな事より、
男には『予定』を予定通り遂行する事の方が重要だった。







2011年6月9日(木)
 今日も斎藤さんをつけ回したい・・・
 だが、そうそう仕事を休むわけにはいかない。
 もうすぐ週末、俺はそれまで耐える事にした。




2011年6月10日(金)
 あと一日で休みだ。
 斎藤さん・・・
 明日、君のマンションに行くからね。







欲求の暴走に歯止めがかからなくなりつつあった男ではあったが、
しかし、男は確実に学習していた。

新しくスケジュール帳を購入して以来、
書き込む『予定』は、すべて自分の行動または感情についてのみだった。

つまり、男はこの時点では、もう完全に気づいていたのだ。

スケジュール帳へ書き込んだ『予定』は、現実のものとなる・・・
などと言うのは、迷信だったと言う事に。

ただ、このスケジュール帳への書き込みが、
自分の行動に勇気を与えてくれると言う事も感じていた。

だから男は、敢えてスケジュール帳への書き込みを続けていた。
『予定』が予定通りに進みやすいように。








午後11時。
男は、明日の準備に取り掛かった。

リュックタイプのバッグを開き、
会社から持ち出した、医療用の使い捨てゴム手袋と、
例のスケジュール帳と・・・

下駄箱の一番下の段にしまいっ放しだった工具箱から取り出した、
いくつかの工具を放り込んだ。






2011年6月11日(土)
 俺は、斎藤さんのマンションを訪れた。
 なんという幸運なのだろう・・・
 俺は、彼女の部屋に入る事に成功した。







方法などは決めていない。
しかし、男は、
明日の目的を『侵入』に決めていた。

どういう方法になるか分からないからこそ、
何があってもいいように、最低限の物は準備しようと思ったのだ。







せっせと準備をしている最中に、
男は、ふと、点けっ放しだったテレビに目が行った。

最近、都内で立て続けに起きている、
連続殺人のニュースだった。

2ヶ月の間に、3人の男性の刺殺遺体が発見されたという事件。
現場の状況や殺害方法などから、
これらの事件には関連性があるというのが警察の見解だった。

男は、その事件自体には全く興味も無かったが、
誇らしげに正義をかざすコメンテーターの言葉に引っ掛かった。

「・・・という点から、ストーカー殺人という点も捨てきれないですね。
 愛情を理解してもらえない。思い通りにならない。
 いつしかそれが、激しい憎悪に変わるというケースは、今までも・・・」

男は、ふと思った。








ところで彼女は、
斎藤さんは、俺の愛情を理解してくれるだろうか・・・
理解してもらえなかったら、どうする・・・
その時は・・・その時は・・・









殺してしまえばいいのか・・・








―つづく―
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

彼女の名前が「斉藤」だったので
ponさんと渋谷店さんの馴れ初め話だと思いましたが

最後で全然違うんだと確信しました

自信が確信に変わりました

自身が勝新に変わりました

自シンボルが勝手にやったんです

パンツの中にコカンイン!なんつって

違います!パンツの中の白い奴は尿取りパッドです

夢精でカピカピになって白い粉になったんです

気持ち良かったのは確かです!

はい

まだまだ仕事は忙しいです

今日はめちゃめちゃな理由で後期延期をゲットしました

それでもまだ忙しいんです

ピッピッピッポーーン

ババン子「ババン子と」

取鳥「取鳥の」

ババン子「ひだひだラジオ!まーたらーいしゅーーーっ」

取鳥「来週も忙しいよ!」

No title

一度、無視されただけでここまで行動する男。
愛情を理解されなかったら「殺してしまえばいいのか・・」と。
まさかバッグに包丁も入れたのか・・
まさかスケジュール帳に「殺す」とか書き込むのか・・
いやまさか4人目の刺殺遺体になってしまうなんてことは・・
楽しみです!

No title

いい展開ですねぇ!
女性側の謎が増えて今後の展開に期待が膨らみます。
2つの伏線がどう活きてくるのか続きが楽しみです。
基本的にミステリー好きなので、あっと驚く展開が好きなんですが、今回はサスペンスホラー(?)のジャンルなのでその辺はあまり期待してなかったので、なんだか嬉しいですよ。

No title

!!ここで明かされる女性の名前に!!
斎藤さん。

闇に潜むその影にいつか気づいてしまう。
斎藤さんが、その存在に気づいてしまう。
人は知らず知らずに人を裏切り傷つけてしまうもの。
それが普通なのだ。
だが、この男にそれは通じない。

改めて、今回の物語のタイトルに目を向ける。
『予定』
そこに何かひっかかる。4話まで進んでも何かやはり違和感が。
今回の物語にガツマンさんの本気が見え隠れしますね。

と、マジメに書いてるのに取鳥さんのコメントが、それを許さないww

No title

『予定』どおりの彼女に微笑みかけられなかったことがきっかけで
彼女をストーキングし始める狂気を持ちながらも

>あんな事があったら、
>普通は警戒して、時間帯は変えられないとしても、
>車両もしくは立つ位置くらいは変えるのではないだろうか・・・

などと考える冷静さを同時に兼ね備えているっていうことが、
逆にこの男の怖さを引き立てますな。


どうなっちゃうんだPO・・・あ、いや齋藤さん!

取鳥さん


いいなぁ・・・
最近、そんな目茶苦茶な文章、書いてないなぁ・・・
最近、禁断症状がハンパないんだよなぁ・・・

そんな事より、
コメント欄で、ラジオ始まっちゃったよ!!!(笑)

ブタマンさん


ムフフフフ・・・

色んな想像しちゃいますよね?

どんな結末を迎えるか、
僕の中でもまだフワフワしてます(笑)

なんとか着地できるようにがんばります!

ポリンキーさん


ミステリー好きでしたか!!!

そうですか・・・
なんだか急に緊張してきました(笑)

そうなんです!
ちょっと女性側にもね・・・

おっと!内緒です(笑)

ponさん


男のセリフに気持ち悪さを出す為に、
今回、苗字をお借りしました!!!

そうです!
僕は今回、本気です!
本気と書いて「マジ」です!

あと、単車と書いて「マシン」です!
全然関係ないけどね(笑)

クッタスさん


そうなんですよ。

ここまで暴走してるのに、
冷静な分析力も持ち合わせているんです。

怖いですねぇ!

助かるんでしょうかねぇ、po・・・あ、斎藤さんは!

No title

うわああああ

ついに不法侵入しちゃった・・・
しかも刃物がどうとか、殺せばとか
いよいよ物騒なワードまで出てきたし・・・

昔テレビでやってた渡部篤郎のストーカーを
思い出しました。

そろそろアレですかね・・・

このままシリアスに終わらせようか、
最後にオチをつけてボケようか、
心の中で葛藤しているところですかね?

マッピーさん


いや・・・
僕も色々考えたんですけどね・・・

ここまで来て最後ボケたら、
みんな逆にガッカリするでしょ?(笑)

なので、
最後まで真面目に突っ走りますよ!!!
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ファンキーガッツマン

Author:ファンキーガッツマン
ここは天国ですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。