スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『予定』3

―6―

2011年6月8日(水)








今日、
俺は一線を超えてしまう・・・

今日、俺がやろうとしているのは、
犯罪行為なのではないか・・・

男の脳裏には、
そのような感情も、わずかだが残っていた。

だが・・・





彼女の事を、もっと知りたい・・・







この、強い欲求を制止できる程、
確かで屈強な理性とまでは至らなかった。







午前7時40分。
男は、国分寺駅のホームにいた。

インディゴブルーのジーンズに茶色いチェックのネルシャツ、
そしてニットキャップを目深に被るという格好で、
ホームのベンチに腰掛けていた。

そう、
数分後、彼女が立つであろうホームのベンチに。





そして、彼女は現れた。
既に8人程並んでいた列の後ろに、彼女は位置取った。

さらに、その後ろに数人並ぶのを待ってから、
男は、列に加わった。

滑り込んできた電車に、
ホームに並んでいた行列が、どっと吸い込まれていく。
その流れに沿って、男も電車に乗り込んだ。

本当は、彼女のすぐ隣り、またはすぐ後ろに立ちたかったのだが、
今日の目的はそんな事じゃない。
後ろ髪を引かれる思いだったが、
男は敢えて彼女とは距離を取って位置取った。




彼女はどこで降りるのだろう。

いつもは彼女より先に、新宿で降りてしまう男にとって、
まずはじめに気になったのは、そこだった。

すると、彼女は代々木で降りた。

なんだ、俺の職場と一駅しか違わなかったのか・・・

たったそれだけの事で、
男は親近感を覚え、妙に嬉しくなった。

ハッと我に返り、
既に駅の階段の方へと消えかけていた彼女の姿を、慌てて追った。





代々木駅を出て、
ほんの数分の雑居ビルに、彼女は入っていった。

少し間を置いて、その雑居ビルに近付き、
入口脇の案内板を見たが、
各階にそれぞれ会社名の表示があり、
果たして彼女の会社がどの階なのかまでは分からなかった。

まぁいい、とりあえず場所は分かったんだ・・・

そう自分に言い聞かせると、
男は踵を返し、通りの反対側に目をやった。

駅から程近いという事もあり、
辺りには、飲食店やらコンビニやらが点在していた。
その中で、男が目をつけたのは、
真向かいの商業ビルの2階にある、カフェだった。
まだ時間が早いのが気になったが、
運良くそこは朝から開店している店で、男は安堵した。

通りに面したガラス張りのカウンター席に座り、
正面に例の雑居ビルを見据える。

監視するにはお誂え向きだ。
後は、ここで再び彼女が出てくるのを待つだけだ。

男は、
バッグから取り出したスケジュール帳の今日の欄と、
ガラス越しの風景とを交互に見やりながら、
運ばれてきた、やや渋めの珈琲を口にした。

昼休みに一旦出てくるのかなとも思ったが、
彼女が姿を見せたのは午後5時を少し回った頃だった。

雑居ビルの1階から、一気に人が出てきた事を考えると、
彼女の会社の定時は5時なのだろう。

同僚らしき女性社員には控えめに手を振り、
上司らしき恰幅の良い男性社員には礼儀正しく頭を下げる、
そんな彼女の振る舞いに、
男は一瞬、今日の目的を忘れ、ついつい見入ってしまった。

コーヒーを幾度となくおかわりするのみで、
朝から夕方まで、そこに陣取った男は、
店員達にはかなり訝しがられた。

しかし、男は気にする素振りも見せず、
いそいそと会計を済まし、店を出ると、
駅の方へ向かう彼女の背中を確認した。





職場の場所は分かった。
次は、いよいよ・・・彼女の家だ。




瞳は、彼女の後ろ姿を真剣に捉えながらも、
口元は、ニタリと不自然に歪んでいた。









―つづく―




スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

>コーヒーを幾度となくおかわりするのみで、
>朝から夕方まで、そこに陣取った男は、

これ、ちょっとボケ入ってるような気がしたけど、気にしない、気にしない!

本当は雑居ビル内のAVショップ店員とかにしたかったんでしょ?

昼間にアダルトグッズを身に付けた彼女の後を追う展開にしたかったんでしょ??

パクリたい・・・

マッピーさんがパクったらパクろうかな

No title

↑まだこのブログ内でのミステリー小説に拒絶反応を示す人がwww


コーヒーで1日かぁ・・・
おなかたっぷんたっぷんになっちゃいますな。
オムライスがおすすめだったんだろうなぁ~
今日のランチはチキンカツ定食だったんだろうなぁ~
意外と親子丼なんかも出す和風カフェだったりするんだろうなぁ~

あー腹減ったw

しかしまぁ、明日も楽しみやわ~~~
てなわけで濱田マリでした!
アシタマニア~ナ!

No title

コーヒー1杯で一日ねばったのかと思いましたが
何杯か飲んだのですねw

凄い読みやすくグイグイ話に入り込んでしまいます!
以前から思ってましたが文章、構成が素晴らしいです!

No title

これまでは微妙なバランスでモラルを守って社会に適応してきた彼が「彼女の事を、もっと知りたい・・・」という思いによって狂気の世界に足を踏み入れていく。
そして、その自覚はきっと彼にはほとんどないのでしょうね。
そこが怖いし、おもしろいです。

それにしてもすごいリアルなんですけど、まさかファンガツさんの実体験だったりしませんよね??(笑)

No title

コーヒーをわざわざ「珈琲」と書くところに
ファンガツさんの本気を感じますねwww

今回の小説はマジでボケじゃなく、真剣に書いてますね?

ついに自宅割り出しにまで手を染める男…
まさかエロい展開になったりするんでしょうか?
期待に胸と股間が膨らみます(笑)

No title

この男の人は、時間の観念がなくなってる。
ふつう、朝から夕方まで、そんな長時間無理です。
けれど、軌道を踏み外した人には、そんなの問題じゃ
ないんですね。やばいのひとことで片付けられない。

親指の爪を噛んじゃって、たまに、にたぁ~とか
笑っちゃったりなんかして、って勝手に男の人の想像してますが、私。

好きな人の事をいろいろ知りたい願望が、
歪んだ形に出るのって怖い、やっぱし怖い。
代々木は学生の街でもあるので、周りの学生も、
アイツ、おかしい的に見てると思う。この男の人のこと。
私、今、ストーカーをストーカーしてる気分になってきた。わくわくww

取鳥さん


完全に真面目小説として船出したんだから、
素直な気持ちで読んでくださいよ~!!!(笑)


> 本当は雑居ビル内のAVショップ店員とかにしたかったんでしょ?
> 昼間にアダルトグッズを身に付けた彼女の後を追う展開にしたかったんでしょ??

全然、違うっ!!!(笑)

クッタスさん


いろいろ、
返信内容を書こうと思ったんですが・・・

アシタマで吹っ飛びました(笑)

ブタマンさん


あざーっす!!!

今回初めて気付いたんですが、
真面目に小説を書こうとすると、
辻褄を合せるのが大変で、大変で・・・

今までだったら、
困った時はエロ替え歌でも放り込んでおけば
それで良かったんですが(笑)

ポリンキーさん


実体験かって?

ガッツッツッツ・・・



いやいやいや!
違いますよ。僕そんなヤバイ男じゃないですよ。

あ!でも・・・
軽くストーカー被害に遭った事はあります。

今度ブログで紹介しますね(笑)

マッピーさん


やっと分かりましたか?

予告の時から断言してたでしょ?
マジ小説だって!

エロい展開?
実はちょっと、そういう要素も盛り込みたいんですよ。

ただ、それやったら、
主人公の男じゃなく、筆者の僕が暴走しますがね(笑)

ponさん


やっぱりお化けとかより、こういう方が断然怖いですよね!

さて!
そろそろ、このストーリーも佳境に突入します。

みんなの期待を裏切る結末へ向けて、がんばります!
(あ、いい意味でね)
03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ファンキーガッツマン

Author:ファンキーガッツマン
ここは天国ですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。