スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気刑事ドラマシリーズ 第九話

第一話『プロローグ』

第二話『あだ名に全力』

第三話『忙しかったから雑』

第四話『取鳥に心情を読まれる』

第五話『完全に飽きてる俺』

第六話『水を得た魚』

第七話『犯人の如く追い詰められた俺』

第八話『取鳥、大満足で終われ宣言』









■第九話

事件は、進展のないまま、
時間だけが悪戯に過ぎていった。


そんな折、
苛立ちを隠せずにいる刑事達をあざ笑うかの如く、
スピーカーから、無機質な声が発せられた。


「警視庁より入電!警視庁より入電!
 蟹田駅構内にて男性の他殺体発見!被害者は駅職員の模様」




モス「遂に出たか・・・第二の犠牲者が」

取鳥「俺とマピ香の続きじゃないの???」










新オープニング曲『太陽にほえろ!メインテーマ』作曲:大野克夫

チャラチャーン チャチャラーン チャラチャーン
チャチャラチャーチャチャー

チャラチャーン チャチャラーン チャラチャーン
チャチャラチャーチャラッチャーチャー

チャーン チャーチャチャラ チャーンチャーン
チャンチャーン チャーチャチャラ チャーンチャーン

チャラチャーン チャチャラーン チャラチャーン
チャチャラチャーチャラッチャーチャー

デレッデレッデレッデッデッデ
デレッデレッデレッデッデッデ
デレッデレッデレッデッデッデ
デーーーーン












「「「わざわざ、書くなーっ!!!」」」














さま「モス!モスは連続殺人だとお考えですか?」

喪服「あぁ、さまさん。どうも、そんな気がするんだ・・・」

さま「とりあえず、みんなを向かわせます!」

喪服「待ってくれ・・・俺も行こう!」

さま「モス自ら?」

喪服「みんな、現場へ行くぞ!」

「「「はいっ!!!」」」

















蟹田駅。
死体をじっと見つめるモス。

さま「ガイシャのいかめし駅長は、深夜2時50分、
   ここを通過する特急北斗七星に轢かれて、朝までこのままでした」

喪服「なんか、臭うなぁ」

さま「自殺の動機はありませんね」

喪服「う~ん・・・じゃ、他殺だな」

さま「今、両方の線で当たってます」

喪服「他に何か分かった事はあるのか?」

さま「妻の幸子さんの話によると、
   朝はいつもパンとコーヒーだったみたいですね」

喪服「う~ん・・・他には?」

さま「最近、息子にすねをかじられて、ゲソ~っと痩せたと」

喪服「ハッハッハッハッハッハ」





「あのぉ~・・・」

線路のレールの上を、
フラフラ歩きながら、杉下ファ京がやってきた。

さま「ん?どうした?」

ガツ「駅のまわりで色々聞いてみたんですが、
   この駅では、駅弁は・・・とりそぼろ弁当が一番売れてるらしいです」

さま「ほ~ぉ」

喪服「マッチポンプだな!」

ガツ「それと、あと一つ・・・偉いさんが来た時には、
   『俺は干される、このままでは干される』と言ったそうです」

さま「それは聞いたなぁ・・・偉いさんが来る度に、
   『俺はイカ急には乗るが小田急には絶対に乗らん』と、
   まぁ、仕事に燃えていたみたいですね」

喪服「下ネタはちょっとな・・・」





「さまさん!」

次いで、マピ山薫がやって来た。

さま「おう、どうした?」

マピ「ガイシャのいかめし駅長、マエがありますね・・・結婚詐欺の」

さま「今は結婚してるだろ?」

マピ「えぇ、ただ愛人がいましてね。
   給料3ヶ月分のイカリングをプレゼントしたそうです。
   まぁ『私と奥さんと、どっちを選ぶの?』って、
   かなり詰め寄られてたみたいですよ!」

さま「そっか・・・」

ガツ「その時・・・『俺はイカの気持ちも、メシの気持ちも、両方分かる。
   イカになれと言えばイカになるし、メシになれと言えばメシにもなる、
   そんな、どっち付かずの人間や』と・・・
   『でも、この子だけは!』と泣き叫んだそうです」

下を向き、堪えるモス。





「さまさん!」

ベテラン刑事の、かクッタがやって来た。

さま「おぉ、どうした?」

クッタ「いかめし駅長は、駅員たちと仲良くやってたみたいですね!」

さま「おぉ、それはどうしてだ?」

クッタ「その証拠に1時間おきに『メシ行こ!』と・・・・・・
    よく言ってた・・・・・・らしいですよ」

吹き出す、モス。

喪服「どんなメシだ?」

ガツ「チャーハンです!『チャーハン旨い!チャーハン旨い!』と・・・
   どこの店でも言ってたそうです」

さま「おかしいな・・・アタシが聞いた話では、よその店に行っても
   何も食べずに『これ醤油かけたらええねん・・・これ醤油かけたらええねん』
   と言うのを『口癖にしたいなぁ』と言ってたそうですよ!」

マピ「この間もボヤ騒ぎがありましてね!その時も消防車に・・・
   『醤油かけたらええねん!醤油かけたらええねん!』これ言ってた人・・・
   聞いてた人、いるらしいですよ!」

一同、吹き出す。

クッタ「その口癖なら・・・ドラマを観ている時も、
    『最終回、醤油かけたらええねん!』と言ってた・・・らしいですよ」

マピ「『醤油かけ過ぎて、お金がな~い』・・・・・・とも言ってました」

喪服「バブル・・・だな!」

・・・・・・




「はい、買ってきましたよ!ウーロン茶」

袋を提げて、
シブーヤーがやって来た。

さま「おぉ、ちょうど良かった!ちょうど良かった!」

みんなにウーロン茶を配るシブーヤー。
いかめしをよそう、さまさん。

ガツ「僕、あの・・・少し、軽くでいいです!」

さま「こんなもんでいいか?」

ガツ「はい!」

マピ「自分、食ってきたんで、いいです!」

さま「おぉ、お前はいいのか?せっかくだから食えよ!」

マピ「いや~、ホントいいっすよ」

さま「モス!とりあえず!」

喪服「おうっ!」

いかめしを頬張る一同。

「「「うん、うまい!」」」

喪服「ちょっと醤油が足りないな」

渋谷「白飯もありますよ」

クッタ「あぁ・・・それ、頂き!」

マピ「あの・・・自分も食っていいっすか?」

さま「ダメだよ、まだ写真取ってないんだから!」

ハッハッハッハッハッハ



渋谷「メシ食うのやめてもらえますか!」

・・・・・・

渋谷「ちょっといいですか?・・・隣りの駅長に聞いたんですが、
   ガイシャはよく電話してきて『なんで、こんな押してんねん?何待ちや?』と
   言ってたそうですよ」

ガツ「それは違うな!『俺は紅白で言うと、どっちか言うと紅組や!
   そんな事いちいち言わんでも分かるやろ』と、何回も電話してるそうだ」

マピ「ちょっと待ってくれ!いかめし駅長は隣りの駅長の事を
   『いかめしい~』・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

喪服「下ネタはやめろ!」

マピ「すいません」






さま「まぁ、とりあえず・・・みんな、もう一回洗い直してくれ!」

「「「はい!!!」」」

現場を離れる刑事達。



さま「しかし、モス!さっぱり分かりませんね!」

喪服「分からんなぁ・・・
   燃えるゴミか燃えないゴミかも
   分からんな!」












th11.jpg


次回、第十話にご期待下さい。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

途中から完全にごっつメンバーで脳内再生されてました

「メシ食うのやめてもらえますか!」

で大爆笑でした

おもろかった

No title

僕も『ごっつ』にどっぷりでしたから、途中から笑いが止まりませんでしたwww

なつかしいなぁ

大手長コウモリ白ムササビ殺人事件とか、もっかい観たいなぁwww

No title

一個前の話を読んだ時点で

この展開はダメwwwww
マピ香と取鳥がくっついちゃ駄目でしょ!!

・・・と思ったんですが、続かなくて良かったです(笑)

それどころか、ごっつネタで大爆笑でした!!
ごっつの刑事ネタ大好きでしたww

すっげえイイ感じに再現されてますね!!
今回もハイクオリティでした!!

No title

いいですねぇ~!
僕も好きなシリーズでしたよ(笑)
板尾のすっとぼけた顔が特にツボでした。
他にも好きなシリーズいっぱいあったなー。
また見たいなー。
 ・
 ・
 ・

・・・・っていうか、話全然進んでなくない??!!

No title

「ごっつ」ww
懐かしいな~

僕も殺人事件シリーズ好きでしたww
またこういうコントやってほしいですねw

No title

おー。
懐かしい「ごっつ」ネタを~ww

すっげー、アホだし、いちいちおもろいw
てか、ガツマンさんが、ここでそれを持ち出してくるって
こと自体、吹きましたw

太陽にほえろのメインテーマソング、
いちいち、文字にするなんてさ。そこもヨカッタなーw
それと、会を増すごとにタイトルが増えてって、
それが、毎回楽しみになりつつあるのであった。

ボッキーへ


今回は、時間はかかったけど、
考えなくても良かったので楽でした。

ごっつ、また放送しないかなぁ・・・

かクッタへ


大手長コウモリ白ムササビ殺人事件!!!

さすがですね。
次の話をコレか、あげ玉刑事にしようと思ってました。

でも、言われちゃったんで、
次は、まったく違うヤツを書きます(笑)

マピ山へ


ありゃりゃ、見つかっちゃった・・・
ごめんなさい、義兄さん!!!

それにしても、
みんな「ごっつ」が大好きなんですね!!!

キーパンへ


話が進んでないとか言わないの!!!

でもね、
第十話はちゃんと原点に戻って、
最初の殺人事件の話になりますから。

ンドゥフフフフフ・・・

マンカロニへ


伝説のコント番組に敬意を表して(笑)

毎週毎週、
笑い転げてましたよね!

復活しないもんですかね~・・・

ポンへ


「殺人事件・・・殺人事件・・・」
って考えてたら、コレに辿り着きました(笑)

それにしても、
テーマソングに触れてくれて、あざーっす!!!

誰もイジってくれなかったら、
どうしようかと思ってました(笑)

No title

シブーヤー役は東野ですね。
私はボクシングの変な国歌を聞くコントと全国の番長が歌いながら
登場するコントが大好きでした。

全国の番長のコントおもしろかったなー
どんなんだっかなー

だったかなー

シブーヤーへ


いやいやいや!
確かに僕もそれ、好きでしたよ。

けども!!!
今回は「刑事つながり」だったから成立したんですよ。
どういう設定で刑事達に歌わせればいいのさ!!!






まぁ、考えてみますけどね。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ファンキーガッツマン

Author:ファンキーガッツマン
ここは天国ですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。