スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気刑事ドラマシリーズ 第六話

第一話『プロローグ』

第二話『あだ名に全力』

第三話『忙しかったから雑』

第四話『取鳥に心情を読まれる』

第五話『完全に飽きてる俺』








■第六話






ツヨ「これより、捜査会議を始める!」

本庁主導の捜査会議が始まった。

ツヨ「バンコラン少佐、捜査資料を配ってくれ!」

バン「はい、管理官」

渋谷「本当に出てきたーーーっ!!!」


右曲がり署の面々は、
配られてきた捜査資料に目を通す。

「「「こ、これは・・・!!!」」」





















『みんなだいすき!ぼくらの覆面レスラー』

■第一章:覆面レスラーの起源

そもそも覆面レスラーが誕生したのは、
ルチャリブレ(メキシコのプロレス)が始まりだと言われている。
昼間は普通に仕事をし、夜だけレスラーとして参加していた者が、
正体を隠すために覆面を被ったのだ。

しかし、その正体を隠して戦うカッコよさとミステリアスさが、
子供たちを中心に、爆発的な人気となり、
以後、覆面レスラーが続々と誕生したのだ。


■第二章:日本における覆面レスラー

メキシコの英雄ミス・マスカラスの参戦や、
ザ・デストロイヤーの登場により、日本にも覆面レスラーが浸透する。

そして、日本における覆面レスラーの地位を確固たるものとしたのが、
ご存知『タイガーマスク』である。
梶原一騎の人気漫画の主人公が、突如、実際のリングに現れたのだ。
実際は、アニメ・タイガーマスク二世とのタイアップ企画だったが、
そのインパクトと、アニメさながらの空中殺法で、
たちまち日本を代表するトップレスラーまで登り詰めたのだった。


■第三章:歴代タイガーマスク

●初代タイガーマスク(佐山 聡)
新日本プロレスから、1981年4月23日蔵前国技館でデビュー。
ライバル小林邦昭やダイナマイト・キッドとの名勝負で、
一大プロレスブームを巻き起こす。
人気絶頂時に突然退団・引退するも、UFWにて「ザ・タイガー」の名で復活。
そして現在も「初代タイガーマスク」「タイガー・キング」の名で、現役で活躍。

●二代目タイガーマスク(三沢 光晴)
全日本プロレスから、1984年8月26日田園コロシアム大会でデビュー。
若手選手のリーダー格として、田上明、高野俊二等と共に決起軍を結成。
しかし、1990年に天龍源一郎等の大量離脱に伴い、全日本マット活性化のため、
素顔に戻ることを決意。谷津嘉章&サムソン冬木戦で自らマスクを脱いだ。

●三代目タイガーマスク(金本浩二)
新日本プロレス1992年3月1日横浜アリーナ大会の、新日本20周年企画として登場。
当初は、その日だけの予定だったが、あまりの反響に、その後も何度か登場。
そして1993年5月3日の福岡ドーム大会で正式にデビューした。
しかし、タイガーマスクとして求められるファイトスタイルと、金本自らの求める
ファイトスタイルとのギャップに苦悩し、正式デビューよりわずか一年弱で、
マスクを脱ぐ事となった。

●四代目タイガーマスク(正体不明)
みちのくプロレス1995年7月15日後楽園ホールで行われた、
「'95格闘技の祭典」興行でデビュー。
佐山聡が主宰するスーパータイガージム出身で、佐山自身の指導を受けた、
唯一の直弟子となるタイガーマスクである。
2002年に新日本プロレスに移籍し、現在も活躍中。
歴代の中で、最も活動期間の長いタイガーマスクである。



■第四章:まだまだいるぞ!ボクの大好きな覆面レスラー

●ウルティモ・ドラゴン(浅井 嘉浩)
国内のみならず海外での人気も非常に高く、彼の得意技ラ・ケブラーダは、
その美しさから、彼の本名を取って「アサイ・ムーンサルト」と呼ばれる。
ちなみに浅井は新日本プロレス入団テストで、体の小ささを理由に、
不合格となった経緯がある。

●ハヤブサ(江崎 英治)
FMWでデビューして以来、全日本に参戦したり、メキシコ遠征するなど、
世界中から注目された覆面レスラー。
2001年、試合中に脊椎を損傷し、全身不随の重傷を負うも、
懸命にリハビリを続けており、あくまでも現役復帰を目指している。
ちなみに、子供の頃はいじめられッ子だったらしい。

●ケンドー・カシン(石澤 常光)
青森県生まれで八戸市の光星高校出身だから。

●ザ・コブラ(ジョージ高野)
デビュー時に既に、正体バレバレだったから。

●スーパー・ストロング・マシーン(???)
お前、平田だろっ!!!

  ・
  ・
  ・





ポリ「何じゃ、コリャぁぁぁ!!!」






ガツ「プロレス馬鹿にすんなぁ!!!」
パァンッ!!!









ポリ「二度目ぇぇぇ!!!」









キーパン、殉職。









取鳥「ふっかぁぁぁぁぁつ!!!」









「「「何で???ってか、自力???」」」









th7.jpg

次回、最終話にご期待下さい。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

おもろい!!

メインの覆面の何とかかんとかは読み飛ばしましたが

前後で大爆笑でした

え?次回終わるの???

あぁ明日は金曜日ですもんね・・・

月曜の記事は「帰ってきた殉職刑事シリーズ」ですか??

次回最終回は是非復活した取鳥とマピ香をいい感じにしてください

No title

面白コメント職人の旦那さん、いいフリしちゃったなぁww
水を得た魚じゃないかっ!ww

よし、マネしよう。



この話が本当に完結するのか非常に不安になってきました。
次回、晩ごはんヨネスケが登場したりしませんよね?
ちゃんと完結しますよね?

次回のブログが突然『イケ面喫茶店マスター特集』とかだったら
許しませんよ・・・。

No title

やられた!まさかの覆面レスラー特集!!!
くそっ!面白すぎる!!wwww
でも、僕のはリクエストじゃなくない??!ww
それにしてもこんなに面白いなんて、先輩のくせに生意気ですよ??

まったく、次回のブログが突然『ちょっとブレイク!隠し味に入れるとおいしいオイスターソースまめ知識』とかだったら許しませんよ・・・。

No title

そうそう!初代タイガーvsダイナマイトキッドなんか燃えましたよねー
キッドの非情なプロレススタイルと華麗なタイガーマスクとの闘いは
「お風呂沸いたから入っちゃいなさい」とか「宿題やったの?」
なんて言う母親の声は耳に入りませんでしたよww
・・・ ・・・
・・・
・・・
オイっ!何の話だ!
事件はどうした?
「おおーっと、これはまさにファンガツの太陽にほえろから
ワールドプロレスリングへのひとり民族大移動だー」ってウルサイよ!

No title

最高!!

ガッツマンさんの真骨頂が・・ww
覆面レスラー、こんなに的確に詳しく面白く書いてる
ガッツマンさんを想像したら余計笑えてきましたww
ザ・コブラ、スーパーストロングマシーンで涙が
出てきましたww

って次回最終話ですか!えっ残念・・w

No title

ふふふっww
「覆面レスラー」について、語りつくしてる。

きっとこれを書いてる時に
生き生きとしてるファンガツさんを頭に浮かべて読んだら
含み笑いが出ちゃいますね~w

あれ?次回、最終回?
強引な終わり方になっちゃいそーだ。
今日も帰りが遅いので、帰宅したら読みます!

ボッキーへ

取鳥さ~ん!助けて~!
忙しいよ~~~!!!

最終回、ゆっくり考えられないよ~!!!

かクッタへ

コルァァァアアア!!!
100歩譲って、ヨネスケはいいとして・・・
なんだよ、イケメン喫茶店マスター特集って!!!

やりたくても、やれないよ、
こんなふわっとしたテーマ!!!

キーパンへ


貴様もかぁぁぁ!!!

よりによって、オイスターソースって・・・
しらねぇよ・・・

『ちょっとブレイク』じゃねぇよ!!!

シブーヤーへ


いや~、楽しかったです。
楽しかったですけど!!!

シブーヤーの無茶振りを模倣する奴らが・・・
しかも全く得意じゃないジャンルの無茶振り・・・

本当に『ひとり民族大移動』してぇ!!!

マンカロニへ

ガッツッツッツ・・・

めっちゃ楽しかったです。
ニヤニヤしながら書きました。

まさか、この記事で涙を誘えるなんて!!!(笑)

ポンへ


旦那さんのおかげで、
面白おかしくクリアできましたが・・・

終わり方が余計に分からなくなりましたよ(笑)
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ファンキーガッツマン

Author:ファンキーガッツマン
ここは天国ですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。