スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当は怖い童話シリーズ2:親指姫

















































































yb1.jpg

むかしむかし、

一人ぼっちの女の人が、魔法使いにお願いしました。

「わたしには、子どもがいません。

 小さくてもかまわないので、可愛い女の子が欲しいのです」

すると魔法使いは、種を一粒くれました。

「これを育てれば、願いがかなうだろう」

女の人が種をまくと、

たちまち芽が出てつぼみが一つふくらみました。

「まあ、何てきれいなつぼみでしょう」

女の人が思わずキスをすると、つぼみが開きました。

すると、どうでしょう。

そのつぼみの中に、小さな女の子が座っていたのです。

女の人は、その小さな女の子にキスをしました。

「はじめまして。あなたの名前は、親指姫よ」

































yb2.jpg

女の人は小さな親指姫を、それはそれは大切に育てました。

親指姫はお皿のプールで泳ぎ、

葉っぱの舟をこぎながらきれいな声で歌いました。

そして夜になると、クルミのからのベッドで眠ります。

おふとんは、花びらでした。




さて、ある晩の事です。

ヒキガエルのお母さんが、寝ている親指姫を見つけました。

「あら可愛い。息子のお嫁さんに、ちょうどいいわ。」

ヒキガエルのお母さんは親指姫を連れていくと、

スイレンの葉っぱに乗せました。

「さあ、起きるんだよ。今日からお前は、

 わたしの息子のお嫁さんだよ。そしてこの沼が、お前の家さ。

 いいところだろ。息子を連れて来るから、ここにいるんだよ。」

ヒキガエルのお母さんは、

そう言ってどこかへ行ってしまいました。

一人残された親指姫は、シクシクと泣き出しました。

「ヒキガエルのお嫁さんなんて、いやよ。ドロの沼も、きらいだわ」

すると、その声を聞いた魚たちが集まり、

「かわいそうに、あのヒキガエルお嫁さんだなんて」

「ねえ、逃がしてやろうよ」

と、スイレンのくきをかみ切ってくれました。

「ありがとう。魚さん」

くきを切られたスイレンの葉っぱは、水の流れに流れていきます。

親指姫は飛んでいたチョウチョウにお願いして、

葉っぱを引っ張ってもらいました。

チョウチョウのおかげで、葉っぱはどんどん川を下っていきます。

するとそれを、コガネムシが見つけました。

「おや、珍しい虫がいるぞ」

コガネムシは親指姫を捕まえると、

森の奥へと連れて行ってしまいました。

おかげで親指姫は、森の奥で一人暮らしです。

親指姫は花のミツを食ベて、草にたまったつゆを飲んで、

葉っぱにくるまって眠ります。




やがて冬がきて、空から雪が降ってきました。

「ああ、何て寒いのかしら」

寒さに震えながら歩いていた親指姫は、

野ネズミの家を見つけました。

「あの、寒さで困っています。

 どうか、中へ入れてくれませんか?」

親指姫が声をかけると、

野ネズミのおばさんが出てきて言いました。

「おやおや、かわいそうに。

 さあ、中はあったかいし、食ベ物もたくさんあるよ。

 遠慮せずに、いつまでもいるといいよ」

こうして親指姫は、

野ネズミのおばさんと一緒に暮らす事になりました。




さて、野ネズミの家のさらに地面の奥には、

お金持ちのモグラが住んでいました。

「なんて可愛い娘だろう」

親指姫を気に入ったモグラは、毎日遊びにきます。




ある日の事、

親指姫はけがをして倒れているツバメを見つけました。

やさしい親指姫は、毎日ツバメの世話をしました。

「どうか元気になって、もう一度歌って。

 わたし、あなたの歌が大好きよ」

春になり、

すっかり元気になったツバメが親指姫に言いました。

「あなたのおかげで、また飛べるようになりました。

 さあ、一緒に南の国へ行きましょう。

 南の国は、とってもいいところですよ」

「ありがとう。でも、いけないわ」

「どうして?」

「だって、わたしがいなくなったら、

 お世話になった野ネズミのおばさんがさびしがります」

「・・・そうですか。では、さようなら」

ツバメは親指姫に礼を言うと、南の国へ飛んでいきました。




夏が来ると、野ネズミのおばさんが言いました。

「親指姫や、いい話ですよ。

 なんとお金持ちのモグラさんが、あなたをお嫁に欲しいんですって。

 よかったね、モグラさんに気に入ってもらって。

 秋になったら、モグラさんと結婚するのですよ」

親指姫は、ビックリしました。

モグラはきらいではありませんが、

モグラと結婚したらずっと地面の底で暮らさなければなりません。

モグラは、お日さまも花も大きらいだからです。

夏の終りの日、親指姫は野原で言いました。

「さようなら、お日さま。さようなら、お花さんたち。

 わたしは地面の底に行って、もう二度とあなたたちに会えません」

親指姫は悲しくなって、泣き出しました。

その時、空の上から聞き覚えのある声が聞こえました。

「親指姫。お迎えに来ましたよ」

「あなたは・・・あの時助けた・・・」

「そう・・・




























pro8.jpg
「僕だぉ!!!」



親指姫「ガビ~~~ン!!!」






























































yb3.jpg
「やっぱり消えない・・・」



スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ファンガツさん・・・やけにキレイな手をしてますね。

とても30代後半のオジサンの手には見えない・・・

まさかっ!!ババン子さんの手では!?

嫌がるババン子さんに無理やり
「へっへっへ、おとなしく俺にカカせろ~~!!」
とか言って、強引にカイたのでは・・・?

No title

↑↑なにーーーーー

ババン子ちゃんの指だと

け、携帯の待ち受け画面に・・・

No title

↑↑なにーーーーー

ババン子ちゃんの指だと

なんとかフォトショで加工してナニかを握ってるみたいに・・・

No title

>マッピーさん
>取鳥さん
>溝丸さん

盛り上がってる所、申し訳ありませんが、
あの手は正真正銘・・・




僕だぉ!!!

No title

指の間からのぞく、あの顔がイイ味
でてますねww
何回見てもおもろいですw

「ガビーン」
素敵な響きですw

No title

まさかの出オチ!w
さらに中オチとどめの大オチ!www
エピローグオチまでww
ごちそうさまでした!

ブタマンさん


ボケにボケを重ねてみました。

ただ・・・
どっちも他人のモノですがね(笑)

「ガビーン」は、
これからもドンドン使っていきます!

ポリンキーさん


ホントはね、
出オチ部分だけでやめようと思ったんですが・・・

欲張りな性格なもので(笑)

No title

いきなりの『出オチ』に吹きましたw

やっぱり消えませんでしたか・・・
いっそ刺青にしちゃえば?w

グインってなるまで頑張ろう!!
骨折記事とか、おいしいかもよ~~~~~~

クッタスさん


これだけの為に、
わざわざ筆ペンとおしり拭き買う程、暇じゃねーぜ!!!

骨折か・・・
ブログの為だけに骨折か・・・

それはそれで美味しいなぁ・・・

No title

これファンガツさんのブログだって忘れて
親指姫どーなんの?とドキドキしながら読んでて
オチを見た瞬間

真面目にやれよ。僕だぉ!じゃねーよ。

と思ったのは秘密です。
まあ冒頭でオチてるし
いいんじゃないかと。

おきゃんTさん


しかし、役立ちますよ!
あのムカツク画像(笑)
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ファンキーガッツマン

Author:ファンキーガッツマン
ここは天国ですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。