スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街角、ちょっとイイ話

いや、違うんスよ!
今日はネタとかじゃないんスけどね・・・







昨日、打ち合わせと次の打ち合わせの合間に、
本屋さんに寄ったんスよ。

自分、『ホビージャパン』っていう、
プラモの雑誌を立ち読みしてたんスよ。

で、そのホビージャパンってのが、
『趣味・男性』のコーナーにあって、
同じ列に、エロ本コーナーもあるんスよ。

その通路をね、
3歳くらいの男の子を連れた、
キレイで清楚な感じのお母さん(推定30歳前)が通るんスよ。

まぁ、その状況だけでも、
自分ちょっと興奮したんスけどね!!!







いや!
本当に言いたいのはこっからなんスよ。

で、そのお母さんが「マーくん、帰るよ」って、
その男の子に言ったんスよ。

そしたら、その男の子がね。
3歳ぐらいの男の子ッスよ。
舌っ足らずな感じでお母さんに言ったんスよ。

「パパに、この紐の本
 買っていかなくていいのぉ?」

って言ったんスよ。

けっこうデカイ声で言うもんだから、
僕、瞬間的に、普通にそっち見ちゃったんスよ。

そしたら、その男の子、
裸の女性が縛られてる表紙の本を
指さしてるんスよ!



でね、自分、
そのお母さんと目が合っちゃったんスよ。

もう、お母さん、
恥ずかしさのあまり、真っ赤になっちゃってんスよ!!!

「い、いいから!帰るわよ!」
って言って、さささーっと本屋を出てったんスよ。









ねっ?
超イイ話じゃないッスか?



えっ?分からないッスか?




きっと、男の子は以前にもパパの部屋で、
同じような本を見つけた事があったんスよ。
「あ、パパの好きなヤツだ」って思っただけなんスよ。
純粋な優しさだったんスよ。

そんなこたぁ、どーでもいいんスよ!!!

大事なのは、
清楚な人妻が、
エロ本コーナーで恥じらってる

っていうシチュエーションなんスよ!





ここからは、あくまで推測なんスけどね・・・

旦那はいっつも残業だっつって、なかなか帰ってこないんスよ。
で、子供も寝静まった頃、ひとり悶々としてくるんスよ。
そんな時に、日中の本屋での出来事を思い出すんスよ。

自分に見られた事を思い出して、
「知らない男からイヤラシイ視線で見られてしまったわ」
つって、その恥ずかしさが、いつの間にか快感に変わるんスよ。

そして、次にSM本の事を思い出すんスよ。
「あの人にそんな趣味が?でも私に求めた事はない・・・
 もしかして今、私の知らない誰かに!!!」
って想像し始めたら、怒りより、また悶々としてくるんスよ。

で、気が付いたら自分の手が勝手に下腹部へ伸びるんスよ。
最終的に、ジュンジュワ~ッスよ。
ソファもビッチョビチョなんスよ。


































な~んて妄想をしてたら、
次の打ち合わせに5分遅れたよ!!!


で、お馴染み、
性(SHOW SAY!)でした!!!
スポンサーサイト
08 | 2011/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ファンキーガッツマン

Author:ファンキーガッツマン
ここは天国ですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。