スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『予定』10

―15―

2011年6月24日(金)








男は、
会社に向かう電車の中で、
今日も彼女が電車に乗って来た事を確認した。

午後3時。
「すみません。ちょっと体調が優れないので」と嘘の理由を告げ、
男は会社を早退した。

そして、男は、
代々木へと向かった。

例のカフェで、
窓際のカウンター席に座った男は、
珈琲を注文すると、
カバンの中身を確認し出した。

日中、仕事で使用した書類の他に、
スケジュール帳。
そして、それらをどけたカバンの底には・・・
果物ナイフが1本。






もしも、俺の愛情を理解してくれなかったら・・・
その時は、殺してしまえばいいんだ・・・






男は、いつかつぶやいた言葉を、
小さな声で反芻した。





午後5時10分。
彼女は目の前の雑居ビルから姿を現した。

珈琲1杯分の会計を慌てて済ませ、
男は後を追った。



彼女は、寄り道する事無く、
代々木駅へ行き、中央線に乗り、
国分寺駅で降り、徒歩でマンションまで行き、
エントランスから中へ消えていった。

男は道路を隔てた向こうから、
彼女の部屋を注視した。

辺りは、薄暗くなっていた。
しかし、いつまで経っても、彼女の部屋に明かりが点く事は無かった。

男は苛立った。
1時間以上が経ち、辺りは完全に闇に包まれた。
なのに、彼女の部屋には明かりが点かない。

もう・・・
行くしかない・・・

もし、鉢合わせたら、どうするのか。
第一声は何と言うのか。
どうやって彼女の気持ちを聴き出すのか。

何もプランは無かった。
だが、業を煮やした男の足は、
既にエントランスに向かって歩み始めていた。

エレベーターを5階で降り、
一番奥の部屋まで辿り着いた男は、
ポケットからスペアキーを、カバンから果物ナイフを取り出した。

鍵穴にスペアキーを差し込み、ロックを解除した男は、
そーっと中を覗いた。
しかし、人の気配は無かった。

目を凝らしながら、男は暗い廊下をゆっくり進んだ。

男は緊張した。
全身の毛穴からあぶら汗が滲み出るような感覚に襲われた。
自然と全身に力が入った。

しかし、どこを見回しても、
彼女の姿は無かった。

男は、何故だか、ほっとした。

段々と男の目も、室内の暗さに慣れ始め、
ベッド、チェストボックス、テレビ、メタルラックなど、
見覚えのある景色が飛び込んできた。




うっすらと窓から差し込む月明かりが、
ちょうどローテーブルの辺りを照らしているのに気付いた時、
男は、あまりの驚きに、硬直した。

ローテーブルの上には、
見覚えのある、1冊のスケジュール帳が置かれていたのだ。

どう言う事だよ・・・

男は、右手に持っていた果物ナイフを放り出し、
そのスケジュール帳を手に取った。

同じだ・・・

質感、重量共に、
男が愛用しているスケジュール帳と全く同じである事を、
両手の感覚が、脳に伝えた。

男は、床に座り、
そのスケジュール帳をパラパラとめくってみた。




2011年5月9日(金)
 3人目。今度こそはって思ったんだけどなぁ。
 やっぱり、この男も私の王子様なんかじゃ無かった。
 もう用無しだわ。

    ・
    ・
    ・
    ・

2011年5月25日(水)
 それにしても警察って何て無能なのかしら。
 いつまで経っても私に辿り着かないのね。
 あぁ・・・本物の王子様はどこにいるの?

    ・
    ・
    ・
    ・





3人目?警察?
何が何なんだ・・・
一体、どういう事なんだよ・・・





2011年6月1日(水)
 4人目がいた。
 電車の中で私を見つめてくれる男。
 今度こそ、本物の王子様かも。

    ・
    ・
    ・
    ・

2011年6月3日(金)
 今日も王子様は私だけを見つめてくれてる。
 きっと・・・
 あなたは本物の王子様なのよね?

    ・
    ・
    ・
    ・

2011年6月7日(火)
 今日、彼に声を掛けられたわ。
 嬉しかったけど、でも、
 本物の王子様かどうか確かめなくっちゃ。

    ・
    ・
    ・
    ・





こ、これって、俺の事・・・だよな?
俺が4人目って何だよ・・・

いつしか、男は震えていた。
女性らしい文字で書かれているのだが、
何故だか、このスケジュール帳の文章には、生気が感じられない。






2011年6月16日(木)
 彼は、私を守る為に犯罪を犯した。
 今度こそ、今度こそ、
 私が待ち侘びた、本物の王子様なのね。

    ・
    ・
    ・
    ・

2011年6月17日(金)
 どうして直接会ってくれないの?
 どうして私を奪い去ってくれないの?
 もしかして・・・お前も違うのか?

    ・
    ・
    ・
    ・

2011年6月20日(月)
 あぁ、私の王子様。
 私だけの王子様。
 早く私を奪い去ってちょうだい。

    ・
    ・
    ・
    ・







そして遂に、
男の視線は今日の欄へと進んだ。





2011年6月24日(金)
 ダメだ・・・
 こいつも違ったみたいだ。
 もう用無しだわ・・・





用無し・・・?
俺が、用無し・・・?

余りの異様な文章に引き込まれた男は、
それまで、自分の後ろに立つ気配に全く気付かなかった。

振り返ると、彼女がいた。
いつも男が電車で見とれていた表情とは打って変わって、
恐ろしい程無表情の彼女が、立っていた。

気が動転した男は、
どうして良いのか分からず、
何故か呑気に「ど、どうも・・・」と口走った。

彼女は無表情のまま、
右手を振り上げた。

男は、視線を上げ、
彼女の右手に目をやると、
そこには、先刻自分が放り投げた果物ナイフが握られていた。

男は、恐怖のあまり、
身動きをとる事が出来なかった。

すると、
不意に彼女が、いつもの美しい表情に戻り、
微笑みながら、ひと言つぶやいた。







「いつも同じ電車ですよね」






そう言い切るか言い切らないかのうちに、
彼女は右手を振り下ろした。

何度も何度も、
男の胸に果物ナイフを突き刺した。





薄れゆく意識の中、
男はいつだったか自分が書いた『予定』を思い出した。




 今日、目が合った時に、恐る恐る「どうも」と声を掛けた。
 彼女は「いつも同じ電車ですよね」と微笑んでくれた。
 想像通り、透き通るようなキレイな声だ。
 




カーペットを血で染め蹲る自分の姿を、
まるで虫けらでも見るかの様な表情で見下ろす彼女を前にして、
今、男は笑っていた。

そして、
最後の力を振り絞って、声を発した。







やっぱり、あのスケジュール帳に書いた『予定』は、
その通りになるんだ・・・
愛してるよ・・・愛してるよ、万里香・・・






more...

スポンサーサイト
08 | 2011/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ファンキーガッツマン

Author:ファンキーガッツマン
ここは天国ですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。