スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気刑事ドラマシリーズ 第十五話

第一話『プロローグ』

第二話『あだ名に全力』

第三話『忙しかったから雑』

第四話『取鳥に心情を読まれる』

第五話『完全に飽きてる俺』

第六話『水を得た魚』

第七話『犯人の如く追い詰められた俺』

第八話『取鳥、大満足で終われ宣言』

第九話『YouTubeを何度も再生しながら書いたんだぉ』

第十話『返信コメをあだ名で書くの飽きてきた・・・』

第十一話『お前らがリクエストする限り、事件は進まねぇからな』

第十二話『誰か、終わり方を教えて下さい!』

第十三話『ダウンタウンと言えば、その後フジテレビから電話来ない』

第十四話『いつかパクろうと思ってたんだ』






■第十五話






本庁主導の捜査会議が始まった。

一向に有力な手掛かりをつかめない右曲がり署の捜査員に対し、
日に日に、本庁の捜査員達からのイヤミが増えていった。

(これだから所轄は無能なんだよ・・・ヒソヒソ)

(ごっつに頼り過ぎなんだよ・・・ヒソヒソ)

(4コママンガを丸パクリって・・・ヒソヒソ)

(ますみ容疑者・・・ヒ素ヒ素)





「静粛に!!!」

ツヨ井管理官の一声に、
会議室の空気が、一気に張り詰めた。

ツヨ「ついさっき、警視庁特命係の杉下ファ京から、
   犯人の足取りについて重要な手掛かりを掴んだとの報告が上がった!」

(さすが警視庁一のキレ者・・・ヒソヒソ)

(やっぱ、すげぇな・・・ヒソヒソ)

(どうせ、前フリだろ・・・ヒソヒソ)

(わざわざ赤文字って所がフリっぽいよな・・・ヒソヒソ)

(ブタ野郎って呼んで下さい・・・マゾマゾ)




ツヨ「杉下ファ京が、捜査報告書にまとめてくれたので、全員目を通してくれ!
   バンコラン少佐、配ってくれ!」

バン「はい、管理官」

渋谷「また出てきたーーーっ!!!」





















『報告書~マル秘プライベート編~』






■7月23日(土)PM2:50 

 自家用車にて八戸市を出発。目的地は青森市。
 車の場合は国道4号線を使うのが普通だが、
 時間短縮の為、知る人ぞ知る的な裏道を使う。

 しかし、小川原湖花火大会の渋滞に巻き込まれ、
 完全に裏目に。
 




■同日PM5:05

 なんとか、青森産業会館に到着。
 会場の外で、当日券を買い求める。
 この時点でかなりテンションが高くなる。

 だって・・・















njpw01.jpg

こんなトラック見せられちゃあ・・・






■同日PM5:25

 会場内へ入る。
 生で観戦するのは約3年ぶり。



njpw02.jpg

新日本プロレスに至っては、
実に16年ぶり!!!






njpw03.jpg

ババァ~ン!!!
特別リングサイド席!!!






■同日PM5:40

試合開始前に、棚橋選手のサイン会。
まぁ、棚橋には興味ないから、特にどうでも良かった。

どうでも良かった。





















njpw04.jpg

でも・・・
とりあえず、写メは撮った。






■同日PM6:00

 試合開始。
 
 ・第一試合  高橋 広夢○ VS ×渡辺 高章

  将来を担うヤングライオンによる前座的な試合。
  数年後の彼らの活躍に期待したい。

 ・第二試合  キング・ファレ○ VS ×石井智宏

  キング・ファレ、デカッ!!!
  キング・ファレのブレーンバスター、高っ!!!

 ・第三試合  獣神サンダー・ライガー○ VS ×タイガーマスク
         永田 裕志              井上 亘


njpw06.jpg

  待ってました!タイガーマスク!!!
  四代目を生で見るのは初めてで、大興奮。
  しかし、あまり活躍する間もなく、井上がフォール負け・・・




  永田とライガーのバーカ!

 ・第四試合 天山 広吉× VS ○ヒデオ・サイトー
         本間 朋晃      飯塚 高史
         真壁 刀義      矢野 通

  とりあえず、お約束で飯塚が入場時に暴れます。
  若い女性客たちはキャーキャー逃げ回りますが、
  ヒール転身前の控えめレスラー時代を知る者としては、
  「あぁ・・・無理してんなぁ」的感情が拭えず、
  なーんか切ない気持ちになりますわな。

  試合中、これまたお約束の場外乱闘発生。
  矢野が真壁を引きずって、こちらへ。
  無理矢理連れてきた、テンション低めの愛娘ガツ子を
  抱っこして避難しようとした瞬間。
  ぶん投げられた真壁が目の前にガシャーーーン。
  抱っこしてたガツ子を急いでおろし、
  目の前で倒れてる真壁にタッチ!タッチ!
  やったー!もひとつおまけにタッチ!!!
  気が付けば、ガツ子をほったらかし・・・

 ・第五試合 MVP○ VS ×タイチ
         小島 聡     TAKAみちのく

  ご存知ですか?MVPを。
  アメリカの最高峰プロレス団体WWEでトップだったスター。
  そんな人が今、青森にいるなんて!!!
  この興奮・・・お前らには伝わらないのか???
  入場時には、どっから来たのか知りませんが、
  アメリカ人のファンが殺到してましたよ。

  小島も、今や日本を代表するスター選手。
  前回目撃した16年前の仙台大会では、
  通路でスクワットしてた下っ端選手だったのに。
  あの時は、気さくに握手してくれて、ありがとね!
  あれから僕、ずっと応援してたんだよ・・・
  嘘です。新日本退団した時は「バーカ」って言いました。
  ゴメンナサイ。。。

 ・第六試合 KUSHIDA ○ VS ×邪道
         田口 隆祐       外道
         後藤 洋央紀     高橋裕二郎
         棚橋 弘至       中邑 真輔

  さすがメイン。華があります。
  そう言えば中邑は、棚橋と二大スター的扱いだったけど、
  今や、すっかり棚橋に水をあけられたね。

  試合の方は棚橋組の勝利。まぁ、お決まりだったんでしょうけど。
  なんたって、勝利後、棚橋恒例のエアギター披露がありますから。
  まぁ、棚橋には興味ないから、特にどうでも良かった。

  どうでも良かった。






  でも、とりあえず、棚橋の退場の際、
  娘を抱っこしてリングサイドのギリギリへ行ってみた。

  それに気付いた棚橋。
  わざわざ戻ってきて、ガツ子の頭を撫で撫でしてくれた。

  ・・・

  ・・・

  ・・・

  ・・・

  ・・・

  棚橋、最高っ!!!





■同日PM8:05


全試合が終了し、
観客のほとんどが出待ちで、外の新日本のバスに殺到。

僕は意表を突いて、ガラガラの会場内の一角で出待ち。
ガッツッツ・・・予想的中。
程なくしてやってきました、棚橋選手。

まぁ、棚橋には興味ないから、特にどうでも良かった。

どうでも良かった。







だが・・・
棚橋選手、混雑してない通路で、
僕を見ながらガッチリ握手!!!

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

棚橋選手!
愛してまーーーす!!!







■おまけ

njpw08.jpg

IWGPチャンピオンベルト型ストラップ購入











th17.jpg

次回、第十六話にご期待ください。


スポンサーサイト
06 | 2011/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ファンキーガッツマン

Author:ファンキーガッツマン
ここは天国ですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。