スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気刑事ドラマシリーズ 第六話

第一話『プロローグ』

第二話『あだ名に全力』

第三話『忙しかったから雑』

第四話『取鳥に心情を読まれる』

第五話『完全に飽きてる俺』








■第六話






ツヨ「これより、捜査会議を始める!」

本庁主導の捜査会議が始まった。

ツヨ「バンコラン少佐、捜査資料を配ってくれ!」

バン「はい、管理官」

渋谷「本当に出てきたーーーっ!!!」


右曲がり署の面々は、
配られてきた捜査資料に目を通す。

「「「こ、これは・・・!!!」」」





















『みんなだいすき!ぼくらの覆面レスラー』

■第一章:覆面レスラーの起源

そもそも覆面レスラーが誕生したのは、
ルチャリブレ(メキシコのプロレス)が始まりだと言われている。
昼間は普通に仕事をし、夜だけレスラーとして参加していた者が、
正体を隠すために覆面を被ったのだ。

しかし、その正体を隠して戦うカッコよさとミステリアスさが、
子供たちを中心に、爆発的な人気となり、
以後、覆面レスラーが続々と誕生したのだ。


■第二章:日本における覆面レスラー

メキシコの英雄ミス・マスカラスの参戦や、
ザ・デストロイヤーの登場により、日本にも覆面レスラーが浸透する。

そして、日本における覆面レスラーの地位を確固たるものとしたのが、
ご存知『タイガーマスク』である。
梶原一騎の人気漫画の主人公が、突如、実際のリングに現れたのだ。
実際は、アニメ・タイガーマスク二世とのタイアップ企画だったが、
そのインパクトと、アニメさながらの空中殺法で、
たちまち日本を代表するトップレスラーまで登り詰めたのだった。


■第三章:歴代タイガーマスク

●初代タイガーマスク(佐山 聡)
新日本プロレスから、1981年4月23日蔵前国技館でデビュー。
ライバル小林邦昭やダイナマイト・キッドとの名勝負で、
一大プロレスブームを巻き起こす。
人気絶頂時に突然退団・引退するも、UFWにて「ザ・タイガー」の名で復活。
そして現在も「初代タイガーマスク」「タイガー・キング」の名で、現役で活躍。

●二代目タイガーマスク(三沢 光晴)
全日本プロレスから、1984年8月26日田園コロシアム大会でデビュー。
若手選手のリーダー格として、田上明、高野俊二等と共に決起軍を結成。
しかし、1990年に天龍源一郎等の大量離脱に伴い、全日本マット活性化のため、
素顔に戻ることを決意。谷津嘉章&サムソン冬木戦で自らマスクを脱いだ。

●三代目タイガーマスク(金本浩二)
新日本プロレス1992年3月1日横浜アリーナ大会の、新日本20周年企画として登場。
当初は、その日だけの予定だったが、あまりの反響に、その後も何度か登場。
そして1993年5月3日の福岡ドーム大会で正式にデビューした。
しかし、タイガーマスクとして求められるファイトスタイルと、金本自らの求める
ファイトスタイルとのギャップに苦悩し、正式デビューよりわずか一年弱で、
マスクを脱ぐ事となった。

●四代目タイガーマスク(正体不明)
みちのくプロレス1995年7月15日後楽園ホールで行われた、
「'95格闘技の祭典」興行でデビュー。
佐山聡が主宰するスーパータイガージム出身で、佐山自身の指導を受けた、
唯一の直弟子となるタイガーマスクである。
2002年に新日本プロレスに移籍し、現在も活躍中。
歴代の中で、最も活動期間の長いタイガーマスクである。



■第四章:まだまだいるぞ!ボクの大好きな覆面レスラー

●ウルティモ・ドラゴン(浅井 嘉浩)
国内のみならず海外での人気も非常に高く、彼の得意技ラ・ケブラーダは、
その美しさから、彼の本名を取って「アサイ・ムーンサルト」と呼ばれる。
ちなみに浅井は新日本プロレス入団テストで、体の小ささを理由に、
不合格となった経緯がある。

●ハヤブサ(江崎 英治)
FMWでデビューして以来、全日本に参戦したり、メキシコ遠征するなど、
世界中から注目された覆面レスラー。
2001年、試合中に脊椎を損傷し、全身不随の重傷を負うも、
懸命にリハビリを続けており、あくまでも現役復帰を目指している。
ちなみに、子供の頃はいじめられッ子だったらしい。

●ケンドー・カシン(石澤 常光)
青森県生まれで八戸市の光星高校出身だから。

●ザ・コブラ(ジョージ高野)
デビュー時に既に、正体バレバレだったから。

●スーパー・ストロング・マシーン(???)
お前、平田だろっ!!!

  ・
  ・
  ・





ポリ「何じゃ、コリャぁぁぁ!!!」






ガツ「プロレス馬鹿にすんなぁ!!!」
パァンッ!!!









ポリ「二度目ぇぇぇ!!!」









キーパン、殉職。









取鳥「ふっかぁぁぁぁぁつ!!!」









「「「何で???ってか、自力???」」」









th7.jpg

次回、最終話にご期待下さい。

スポンサーサイト
06 | 2011/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ファンキーガッツマン

Author:ファンキーガッツマン
ここは天国ですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。