スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お話スロット第17話・スナックのねーちゃん迎えに行ったら警護付き

これは僕が20歳か21歳頃の話です。




会社の同僚たちとたまたま行ったスナックに、
超ストライクのねーちゃんがいましてね。


その子と色々話をしてたら、
その子が言うんです。

「私、大きな声では言えないんですけど・・・」
























「何ぃ!昼間は病院で働いてるナースですとぉ!!!」







みなさん、お待ちかね!
久々のファンガツコンピュータの登場です。






昼間はナース
 ↓
白衣の天使
 ↓
いや、ピンクだ!ピンクのミニのはず!
(希望)
 ↓
入院が長い患者の溜まったアレを処理
(願望)
 ↓
クチだけの約束の筈が、気が付いたら、
自分からまたがり夜中にベッドがギッシギシ
(妄想)
 ↓
というイメージプレイが可能
(予想)
 ↓
ドスケベナースめ!!!
(確信)

















これを聞いちゃ、黙ってられんのですよ!

僕の同僚に、もう一人、
彼女の事を気に入った奴(志村のアイーンの精度を競い合うライバル)が
いましてね。

もう、二人でガッツリ口説きます。

そしたら、
彼女がこう言ったんです。

「じゃあ今度、私の仕事終わりに迎えに来てちょーだい。
 で、その後、遊びに行きましょうよ!」









むむっ!
再度ファンガツコンピュータの出番です。






スナックの仕事終わり
 ↓
程良く酒が入ったナース
 ↓
時間は夜中の3時過ぎ
 ↓
そんな時の遊びって???
 ↓
やっぱ、イメージプレイだ!
 ↓
この、淫乱ドスケベナースめ!!!


















約束の日、約束の時間、
彼女のスナックが入ってるビルの前に車を停めて待ちます。

なかなかナースッ子ちゃんが出てきません。

「店に行ってみる?」
「そうだな!」

すると、ナースッ子ちゃん、

「今、帰る準備してるから、外でもうちょっと待ってて」
「あぁ、わかった!」







もうちょっと・・・












1時間半待たされました。















そして、やっと出てきたナースッ子ちゃんは、

















ママたちに両脇をがっちりガードされて、
ささっとタクシーに乗って立ち去りました。













僕らは言いました。













「ガビ~~~ン!!!」













って言うか・・・














俺・・・
タイトルでオチ言っちゃってるし!!!









スポンサーサイト
05 | 2011/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ファンキーガッツマン

Author:ファンキーガッツマン
ここは天国ですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。