スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトギバナシ ponさんのから読んでね!

第一話:桃太郎のようなハナシ



昔、むかし、勝俣州和と西尾拓美が仲睦まじく暮らしていました。
勝俣は大声で「シャーーーッ!!!」と叫び、
西尾はナムコ・ワンダーエッグに西村知美を探しに行きました。
西尾が河の上流を見ると、1台のアナログテレビが流れてきました。
「村の時間の時間です」
そう言ってる斎藤清六が映ってるアナログテレビを拾って、担いで、家に帰りました。
勝俣と、西尾はこの後の展開に胸躍らせながら、
包丁で、アナログテレビを切ろうとした、その時、
テレビが、真っ二つに割れて、中から、元気よく飛び出したのは、
\松原桃太郎!/


ーCHA CHAはつづかないー






第二話:シンデレラのようなハナシ



キョンキョンは、お城の階段を急いで降りていました。
12時を過ぎると、魔法も解けてしまうし、
クノールカップスープのCM撮影に間に合わないからです。
あまりの慌てっぷりに、エースコックわかめラーメンを、ひとつ落としてしまいました。
立ち止まる余裕はありません。
そのままエースコックわかめラーメンを落としたまま、お城を後にしました。
翌日、石立鉄男がキョンキョンの所を訪ねて来ました。
「12時過ぎたぞ!この薄汚ぇシンデレラ!」と、言いました。
キョンキョンは、疲れていました。2004年に永瀬正敏と離婚したのです。



ーつづきは大映テレビー






第三話:牛若丸のようなハナシ



時任三郎は牛若丸三郎太なのです。24時間戦いたかったのです。
24時間戦うには、リゲインが必要なのです。
黄色と黒は勇気のしるしでした。
途中、斎藤清六が映ってるアナログテレビが横を流れて行きました。
リゲインで酔ってしまった時任三郎は、フラツキながら岸にたどり着きました。
「俺の名は『とき にんざぶろう』じゃねぇ」と、橋を渡っていく途中、
前方に、中井貴一と柳沢慎吾がいました。
中井貴一は言いました。
「大きくなるには、コレがいいですよ」と、ミキプルーンを差し出しました。
柳沢慎吾は言いました。
「いや、いや。コッチで無線っぽくなりますから」と、タバコを差し出しました。



ー林檎が浮かびませんー






第四話:宮本武蔵のようなハナシ



マサ斎藤は、巌流島で待っていました。
スクワットしながら、猪木を待っていました。
何時間も、何日も、何週間も、待っていました。
しかし、猪木は、現れなかったのです。
そもそも、ノーピープルマッチなのだから。
マサ斎藤は、解説がまったく上達せず、
猪木は、ポエムという新ジャンルを開拓したのでした。



ー元気ですかっー






第五話:西遊記のようなハナシ



西田敏行「いくらピアノが弾けないからって・・・猪八戒はヒドイよ・・・ぐすん」
夏目雅子「私だって、カネボウキャンペーンガールの役なんか嫌なんだから・・・ぐすん」
岸部シロー「なんでルックルックこんにちは終わっちゃったの?なんで?・・・ぐすん」
浅井企画「飯尾?やす?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ずん」
堺正章「おかみさーん!時間ですよー!チューボーみたいだ!Mr.かくし芸だー!!」



ー意味がないー






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



暇つぶしにパクってみただけです。

クッタスしか喜ばないのは、否めません。

しょうがないでしょ。テレビッ子だったんだから。
わたし、いつまで、クッタス一本釣りするのかな。
もうすぐ、一年になるよ。



ファンガツ




★追記★
今回あと2つブログを書いてみました。
そちらも、合わせてお楽しみください。
「ペット大集合」を見てみる場合はこちらをポチたまッと。
「ボヤッキー」を見てみる場合はこちらをポチッとなー。

スポンサーサイト
04 | 2011/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ファンキーガッツマン

Author:ファンキーガッツマン
ここは天国ですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。