スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の日曜洋画劇場に、モロ影響受けたよね?

大きな声では言えないが、
俺は、とある機関の諜報部員。

分かりやすく言えば・・・
そう!スパイである。

悪いが、素性は明かせない。
なんたって、スパイだからね!

えっ?そこをなんとか教えてくれって?
欲しがるねぇ・・・

じゃあ、コードネームだけ特別に教えよう。
『007』だ!

っぽいかい?ってか、まんまじゃんって思ったかい?
仕方ないんだ・・・
なんたって、スパイだからね!

ところで君たちは「スパイ」と聞くと、
ドラマや映画の中だけの話だと思うかい?

でもね、
日本で暗躍している諜報部員が、どれ程いるか知ってるかい?

100人?1000人?

フッ、馬鹿を言っちゃいけない。
今や世界で台頭する、この経済大国の日本だぜ?

実は・・・





俺も知らない!!!
なんたって、みんなスパイだからね!




おっと!
今日は、命懸けの任務の仕上げの日なんだ。
一旦、失礼するよ。

俺達の仕事に失敗は許されないんだ。
なんたって、スパイだからね!



----------------------------------------------------------------------



■午後2:56 都内の高級ホテルロビー

「いらっしゃいませ。ご予約のお客様でいらっしゃいますか?」

「あぁ・・・」

「お名前を頂戴できますか?」

「ボンド・・・クッタス・ボンドだ」

「ようこそ、ボンド様。お部屋は最上階のスウィートでございます」

「ありがとう」



----------------------------------------------------------------------



さて・・・
今回の任務は、ある政治家の・・・暗殺。

驚いたかい?
でもね、どんなダーティーな仕事だってやるんだ。
なんたって、スパイだからね!

もうちょっと詳しく話そうか。

ターゲットは現防衛大臣。
表向きの彼は、クリーンで人気の高い政治家。

しかし、裏では・・・
世界中の軍事企業と繋がり、中東諸国のテロリスト達に
武器を売りさばき、莫大な利益を上げている。

この日の為に、5ヶ月かけて準備をしてきた。
ターゲットの行動パターンから交友関係、あらゆる事を調べ尽くし、
そして、今日の決行の日を迎えた。

今日、ターゲットは、
このホテルで政治パーティーを開く事になっている。
そこで、この俺がターゲットを始末する。

殺すのは一瞬だが、問題は彼に辿り着くまでだ。
彼は警視庁のSPの他に、自分でも用心棒を雇っている。
こいつらがまた腕の立つ奴ららしい。

でも大丈夫。俺なら出来る。
なんたって、スパイだからね!



----------------------------------------------------------------------



■午後4:45 最上階スウィートルーム

俺はタキシードに着替えた。
そして部屋を出て、非常階段を駆け降りた。

仕事の時は、エレベーターは使わない。
エレベーター内にもエレベーターホールにも監視カメラだあるからね。

っぽいだろ?
なんたって、スパイだからね!

2階に着いた俺は、参加者を装いパーティー会場の大広間に向かう。
そして、懐にしまい込んだ拳銃の安全装置が解除されている事を確認した。

驚いたかい?でもね、拳銃くらい持ってるさ。
なんたって、スパイだからね!

そして俺は・・・
何食わぬ顔で、大広間のドアを開けた。










「それではお色直しをされた
 新婦のご入場です!!!
 皆様、盛大な拍・・・・・・あれ?」






「・・・・・・・・・・・・・間違えました、すんません」



----------------------------------------------------------------------




俺達の仕事にトラブルは付き物だ。

こんな時は、慌てちゃいけない。
臨機応変に、そしてクールに任務を遂行するのだ。
なんたって、スパイだからね!

俺は1階のフロントへ向かった。
決して慌てず・・・競歩選手も真っ青の早歩きで。




「どうされました?ボンド様。お顔が赤いようですが・・・」

「べ、べ、別に恥なんてかいてねーし!!!」

「はい?」

「あっ・・・いや、失礼!ところで聞きたい事があるんだが」

「何でございましょう?」

「今日、防衛大臣の政治パーティーがあると思ったんだが?」










「えぇ・・・それなら、昨日でしたよ!」

ババァーーーン!!!



----------------------------------------------------------------------



■午後5:18 再び、最上階スウィートルーム

不意に携帯電話が鳴った。

「はいはい、もっし~?」

「クッタス・ボンド君・・・任務はどうなってるかね?」

「ボ、ボス!・・・えーっとですね・・・その~・・・あの~・・・」

「早く報告したまえ!」












「スパイだけに・・・失敗、なんつって!!!」

ババァーーーン!!!



more...

スポンサーサイト
04 | 2011/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ファンキーガッツマン

Author:ファンキーガッツマン
ここは天国ですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。