スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男だって女だって、泣きたい時があるじゃない!(長文です)

2011年 春






僕と彼女は、中学時代からの知り合いで、
社会人になって久しい現在でも、
週に二、三度会っては、他愛もない話をしながら、
お互い、暇な時間を共有していた。

大学の近くにあるせいか、
ここのファミレスは、無駄に騒がしい。

とは言うものの、
僕らはいつも、ここで会っていた。

お互いの住むアパートの中間にあるという、
地理的な条件はもちろんの事だが。

僕にとっては、
この喧騒が心地よかったのかも知れない。

ふと、そんな事を考えた自分が、
妙に馬鹿馬鹿しく思えて、つい笑ってしまった。





「何、ニヤニヤしてんのぉ?」

「べ、別に!
 つーかさ、お前さ!もうちょっと、女の子らしく出来ねぇの?」

つい先刻、運ばれてきたばかりの『ステーキセット、ライス大盛り』は、
もう無くなりかけていた。

「はぁ?何、今さら!あたしら、長い付き合いじゃん!」

「別にいいけどさ・・・そんなんだから男出来ねぇんだよ!」

「はぁ?それはね、世の男どもに見る目がないの!
 こんないい女、そういないと思うんだけどなぁ」

悪びれる風もなく、
最後のステーキの一切れを頬張りながら、彼女は言った。

「お前さ・・・」

「何ぃ?また説教ぉ?」

「ちげーよ!お、お前・・・その・・・好きな奴とか、いない訳?」

「な、何よ!急に・・・いる訳ないじゃん、そんなの!」

明らかに彼女の表情が変わった。
僕にはずっと、彼女に対して抱き続けてきた、ひとつの推測があった。
その推測が、今の彼女の表情で、確信に変わりつつあった。

「もしかして、お前、まだファンガツの事・・・」

「関係ないじゃん!!!」







彼女の、思いのほか大きな声に、
あれだけ騒がしかった店内が一瞬にして静まり返った。

僕は辺りを見回し、
声にならない声で「すみません」とつぶやきながら頭を下げると、
またすぐに、店内は何事もなかったかのように喧騒を取り戻した。

視線を彼女に戻すと、
彼女は下を向いたまま黙っていた。

騒がしい店内とは明らかに違う、このテーブルだけに漂う重い空気に、
息が詰まりそうだった。

しかし、ここまで言ってしまったんだ。
思っている事を彼女にぶつけよう。

僕は、そう決心した。

「悪い!・・・でもさ、ファンガツが死んでから、もう6年も前だぜ?
 もう次に進んでもい・・・」

「だから違うってば!」

僕の言葉を遮った彼女は、
今にも泣きだしそうな表情を堪え、無理して強がっているように見えた。

「急に『あっ!俺、空飛べるかも』っつってベランダから落ちちゃってさ、
 あんなバカ・・・死んで当然よ!」

彼女には中学時代から付き合っていた男がいた。
僕の親友でもある男だった。

よく三人で一緒に遊んだものだ。
このファミレスにも、よく三人で来ていた。

そんな彼が、6年前・・・突然、命を落とした。
居て当たり前の奴が・・・突然、居なくなった。

彼女のとなりに彼がいないという構図に慣れるまで、
僕自身、随分と時間がかかったものだった。

もちろん、心の底から愛し合っていた彼女の落ち込みようも、
とてもじゃないが、見ていられない程だった。

僕が彼女を支えてやらなければ。

口にした事はないが、
僕はそんな思いで今日まで彼女と接してきた。







「強がんなよ!俺の前では・・・強がんなくてもいいよ」

「日輪井・・・」

「お前、まだファンガツの事、引きずってんだろ?」

「・・・・・・」

「もうメシ喰い終わったろ?付いて来いよ!」





この時、僕は自分の言動が自分で信じられなかった。

奔放で言いたい事を言うファンガツとは対照的に、
僕は優柔不断で引っ込み思案。

そんな自分が今、
半ば強引に彼女の腕を掴んでいる。




「ちょっと!日輪井ってば!どーすんのよ!」

そう言う彼女だったが、
僕の手を振り払う訳でもなく、半信半疑といった表情で、
僕を見つめていた。

「行きゃ分かる・・・黙って付いて来いよ!」









夜の街を10分程歩いて、ハッと気付いた。
ファミレスを出てからずっと、彼女の手を握ったままだった事に。

僕は急に恥ずかしくなってきた。

いや、考えてみれば、
こんな強引な方法で彼女を連れだした事自体、
全くもって自分らしくない。

僕は一体、何をやっているのだろう。

そんな僕の心情が、
すれ違う人々に見透かされてるように思えて仕方なかった。

しかしまた、
彼女も、それを拒否する様子はなかった。

「ねぇ、日輪井・・・どこまで行く気?」

「もうすぐ着く」

僕は、ぶっきらぼうに答えた。

彼女もそれっきり口を閉ざした。






それから程なくして、
目的地に近づいた、その時だった。

ずっとうつむいたままだった彼女が、
ふとその建物を見上げた瞬間、歩みを止めた。
僕とつないだ手に力が籠るのが分かった。

「ちょっ・・・ここって・・・」

「あぁ」

そこは、
彼女とファンガツが当時暮らしていたマンションの前だった。
つまり、それは同時に、彼が命を落とした場所でもあった。

彼女の潤んだ瞳から、一気に涙がこぼれ落ちた。

「どういうつもりよ!!!あたしをからかってんの?」

「・・・っぽ・・・んだよ」

「えっ?」

「新しい一歩を、踏み出すんだよ」

「何よ、それ・・・意味分かんないよぉ・・・」

「黙って見てろ」

そうつぶやいた時、
僕はずっと握っていた彼女の手をやっと離し、
彼女から二、三歩離れて、マンション越しに見える夜空を見上げた。

そこに星は見当たらなかったが、
不思議と、あいつの笑顔が見えるような気がした。

それから僕は、目を閉じ、大きく息を吸いこんだ。
彼女が、どんな表情で僕を見ているのかは分からなかった。




僕は、かまわず、大声で叫んだ。



「ファンガツーーーーーーっ!!!!聞いてるかーーーっ!!!
 俺は!・・・俺は!・・・こいつの事が大好きだ!!!
 俺は・・・お前みたいに馬鹿な死に方なんてしない・・・
 俺が!一生かけて、こいつの事を守ってみせる!!!
 一生、こいつの事を愛し通す!!!
 文句ねぇだろーーーっ!!!ファンガツーーーっ!!!」


1時間も2時間も走り続けたかのような錯覚に陥り、
膝に手をつき、ぜいぜいと息を切らす僕に、
彼女はゆっくりと近づいてきた。

「日輪井・・・あんた・・・」

「俺は・・・『幸せにする』って言い方が好きじゃない・・・」

「えっ?」

「幸せってさ、貰ったり与えたりする物じゃない、一緒に作る物だと思うから・・・
 だから・・・める子!!!
 俺と一緒になれ!二人でいっぱい・・・幸せを作ろっ!!!」

「日輪井・・・」

そうつぶやくと、
彼女の瞳から、また涙がどっとあふれ出した。



この時、僕は生まれ変われた気がした。
奔放で言いたい事は何でも口にする、
彼女がかつて愛した、あの男に近づけた気がした。



「める子・・・
 お前の止まったままの心の時計・・・俺が動かしてやるよ!!!」
























める子「いや、結構です!!!」

ババァーーーン!!!







---エンディング---





知らず知らず イジってきた
細く長い この膣

振り返れば 遥か遠く
お豆ちゃん見える

でこぼこ膣や 曲がりくねった膣
ゴムさえ無い それもまた人生

あぁ 汁の流れのように
ゆるやかに
いくつも 腿を伝い落ちて

あぁ 汁の流れのように
とめどなく
シーツがエロ染みに 染まるだけ





スポンサーサイト
03 | 2011/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ファンキーガッツマン

Author:ファンキーガッツマン
ここは天国ですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。