スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーW、終わっちゃいましたね

今まで数々の映画やドラマのレビューを書いてきたが、

そのほとんどが、観た事ないやつでした。



そこで、今日は・・・



僕が本当に大好きで、何回も観ている

「仮面ライダー」をレビューしてみようと思います。



平成ライダーも全部観てるんですが、

僕はやっぱり昭和ライダーが大好きで・・・


中でもダントツは1号ライダー&2号ライダーが活躍する

第1作目、「仮面ライダー」です。


約2年間、98話も作られた、大ヒット作。


今日はその中から、

僕の選りすぐりの3話を紹介したいと思います。


第71話?73話、関西ロケ三部作です。



その前に、この3話に登場する人物を紹介します。


本郷 猛/仮面ライダー1号。

一文字 隼人/仮面ライダー2号。

立花 藤兵衛/おやっさん。立花レーシングクラブオーナー。バカ。

滝 和也/FBI捜査官。バカ。

ユリ・ヨッコ・チョコ/立花レーシングクラブ所属。通称ライダーガールズ。バカ。

地獄大使/ショッカー幹部。バカ。



では、ネタバレしないように・・・

ツッコミどころだけを紹介します!






■第71話「怪人アブゴメス 六甲山大ついせき!」


本郷と滝は、一路、神戸へ向かいます。


すると、メキシコからやって来た怪人アブゴメスが、神戸港に降り立ちます。

民間のフェリーからね!


その任務は、有馬温泉に滞在中の電子工学権威木原博士の誘拐。

わざわざメキシコから呼ばれたのにね!


目的は日本中の電波を妨害するシステムを作らせるため。

東京ではなく、六甲山にね!


そして、立花レーシングクラブご一行は、何故か関西バス旅行中。

足手まといにならなきゃいいね!


ところが、案の定、現れたショッカーに

いとも簡単に捕まり、連れていかれます。

ショッカー関西支部にね!


一方、そんな馬鹿げた事件を知らない本郷はアジトを突き止めるため、

木原博士に成りすまし、わざとショッカーに捕まります。

ヘッタクソな変装と芝居でね!


さぁ、ショッカー関西支部へと連行です。

六甲山ロープウェイに乗ってね!


ロープウェイの中で変装がバレて、バトル開始。

健闘空しく、ロープウェイから落とされる本郷。

ぐにゃんぐにゃんの人形がね!


ライダーを倒してテンションの上がったショッカーが、

人質も殺そうとした、その時!

どこからともなく、ライダーの声が!


「待てぇ!アブゴメス!」

「どこだ?ライダー!姿を現せ!卑怯だぞ!」

人質抱えて、よく言えたね!




■第72話「吸血モスキラス対二人ライダー」


立花レーシングクラブの関西バス旅行は続いている。

前回あんな目に遭ったばっかなのにね!


勝浦温泉に到着した一行を目撃した地獄大使がひと言。

「あいつらがこんな所にいるとは・・・面白い事になりそうだ」

あぁ、コッチも前回の事、忘れちゃったのね!


またしても捕まる立花レーシングクラブご一行。

連れて来られたショッカー基地は、ただの露天風呂。

温泉地だから仕方ないね!


駆けつけた一文字隼人に、状況説明をする立花藤兵衛。

「まさか、こんな所でショッカーが現れるなんて」

だから、前回も現れたよね!

てか、前回の時点でバス旅行やめるべきだったよね!


一方、ショッカーの露天風呂付基地では・・・


助けに来た本郷と滝の目の前で、

露天風呂に入れられてのぼせている人質。

温泉地なら、拷問はやっぱ熱湯風呂だね!


恐る恐るお湯に手を入れてみた滝がひと言。

「熱いっ!」

竜兵さんも真っ青だね!





■第73話「ダブルライダー 倒せ!!シオマネキング」


立花レーシングクラブのバス旅行、もちろん継続中。

もう、ツッコむ言葉が見当たらないね!


場面は変わって、船で釣りを楽しむ、

海洋学の坂井博士がショッカーの怪人に襲われます。

木原博士の事は、もうどうでもいいのね!


シオマネキングと坂井博士の会話。

「ショッカーの為に『海底都市』を作れ!」

「断る!」

そりゃそうだよね!一人じゃ無理だよね!


ショッカーは次に、勝浦のホテルに滞在中の、博士の妻子を襲います。

ホテル内を逃げまどい、露天風呂に追い詰められます。

前回のショッカー基地と全く同じ場所だね!


そして、颯爽と現れた本郷に向かって、

初対面となるシオマネキングがひと言。

「本郷猛!俺は・・・シオマネキング!」

聞いてないよね!

でも、「初めて会った人に挨拶」はマナーだね!


ライダーに変身し、シオマネキングとの戦いの舞台は水中へ。

お互い着ぐるみに空気入っちゃうんだね!

だから、そんなにモタモタしてるんだよね!





いや!悪意はないですよ。

僕、本当に好きなんですよ。


変身シーンとか、戦闘シーンとか、

単純にカッコいいですもん。


ただ、それと同時に、

ストーリーの粗をつつくという楽しみ方もできる、

数少ない名作ドラマなのです。

スポンサーサイト
07 | 2010/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ファンキーガッツマン

Author:ファンキーガッツマン
ここは天国ですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。