スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

童話の世界

むかーしむかし、あるところに、

ほんのちょこっとだけ性格の悪い「ワルずきんちゃん」という女の子がいました。





母 「ワルずきんちゃん、森の向こうのおばあちゃんの家に行って、

   これを届けて来ておくれ!」



ワル「やだ!別に会いたくねーし!・・・つーか、7時から合コンだし!」



母 「コラ!ワルずきん!言う事を聞きなさい!」



ワル「チッ・・・わかったわよ!行けばいいんだろ?この、クソババァ!」







ほんのちょこっとだけ性格の悪い「ワルずきんちゃん」は、

本当にめどくさかったので、タクシーで行きました。



そして、おばあちゃんの家に着きました。

でも・・・そこには、既におばあちゃんを食べてしまって、

ほんのちょっとだけ性格の悪い「ワルずきんちゃん」も食べてしまおうと、

変装した狼が待っていたのでした。







狼 「おぉ、ワルずきんや、よく来たね!ささ、こっちへおいで!」



ワル「Hi! Grandma! Why is your ear big?



狼 「え?・・・あ・・・あの・・・英語?は、ちょっと・・・」



ワル「チッ・・・ノリ悪っ!

    じゃあ、何でお前の目はそんなにデカイの?超ウケるんですけど!」


狼 「そ、それはね・・・お前の顔がよ?く見えるようにだよ!」


ワル「フツー!もっと面白く言えないの?

   『それはね・・・ケントだからだよ!ユタそんなんじゃないよ』とかさぁ・・・」


狼 「ごめ・・・あ!・・・そ・・・sorry!」


ワル「はぁ?意味わかんねーし!何で英語?

    じゃあ、最後ね!何でお前の口はそんなにデカイの?

    あっ!お前を食べるため』とかNGワードね・・・はい!どーぞ!」


狼 「あ・・・その・・・えーーーーーーっと・・・」


ワル「チッ・・・サイアク・・・狼だったら、もっとシャキッとしなよ!」


狼 「え!!!・・・いや、違っ・・・私は、おばあちゃ」


ワル「バレバレだっつーの!

    あんなババァ食って美味しいか?この熟女芸人が!!


狼 「・・・・・・・・・・・・・」


ワル「チッ・・・黙っちゃったよ・・・つまんね・・・あたし、帰るわ!じゃーねー!」


狼 「あっ、はい・・・気をつけて・・・」




こうして、ほんのちょこっとだけ性格の悪い「ワルずきんちゃん」は、

無事、7時からの合コンに間に合いましたとさ。


めでたし!めでたし!


なんか、面白い事ないッスか?-aka

スポンサーサイト
05 | 2010/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

ファンキーガッツマン

Author:ファンキーガッツマン
ここは天国ですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。