スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜オフ会in八戸レビュー #5

八戸ファンガツーリスト~夜の部~編



既に、配信を聴かれた皆様はお分かりかと思いますが、
もう・・・

とんでもない目に遭ったんですよ、ボク。

まぁ、でも小生に「さっさと続き書け!」って言われたので、
仕方ないから書きますね。



















あれは、忘れもしない・・・夏の暑い日の事でした。




その日は、
横浜から来た友人に、同僚の女の子と一緒に地元を案内したんです。
日も暮れかけた頃、友人が、

「ねぇ?八戸には、心霊スポットとかないの?」

と尋ねてきたのです。

私は正直、気が進みませんでしたが、
せっかくはるばる横浜から来てくれた友人の為にと、
また同僚の女の子も乗り気だった事もあり、
地元では心霊スポットとして有名な、とあるトンネルへと連れて行きました。

そこへ着いた時、まだ完全に日は暮れておりませんでしたが、
そのトンネルだけは異様な雰囲気を醸し出していました。

「おぉ!いい感じじゃん!」

楽しそうに言う友人を見て、私もつい、テンションが上がってしまいました。

「じゃあ車降りて、歩いてみる?何か出るかもよ~!」

「やだ~!出る訳ないじゃないですか~!」

「いいね~!行こう行こう!!」

私たちは車を入口付近の路肩に停め、反対側まで歩いてみました。

「何だよ・・・何もねぇじゃん!」

「え~?白い服をきた女でも出ると思ったんですかぁ?」

「所詮、幽霊なんて迷信なんだよ。戻ろっか?」

こうして、私たちは再び歩いて入口まで戻り、
車に乗り込み、予約していた居酒屋へと向かったのです。

友人と同僚の女の子は後部座席に座り、他愛もない話をしていました。
私も運転しながらでしたが、時折、ルームミラー越しに話に加わりました。





その時でした。

私の車は3列シートなのですが、
ルームミラー越しに、3列目に“見えた”のです。

私ははっとして、思わず急ブレーキをかけてしまいました。
二人も驚き、会話は途切れ、車内に一瞬の静寂が訪れました。

「お、おい・・・」

「どうか・・・したんですか?」

私は、何と答えればいいのか分かりませんでした。
でも、次の瞬間、私は叫んでいました。

「お前ら、絶対振り返るなっ!!!」

二人は呆気に取られているようでした。

「どういう事だよ?」

「ちゃんと説明してくださいよ」





「い、一番後ろの席に・・・いたんだよ」

私は、振り返らず、下を向いたまま言いました。

「はぁ?」

「何がですか?」







「白い服来た女が・・・」







「・・・ま、またまた~」

「そ、そんな訳ないじゃないですか~・・・え、演技ヘタですよ~」

しかし、私は、遺体の知れない恐怖に、何も言い返せませんでした。
そんな私にしびれを切らした友人は、

「俺が確かめてやる!」

と言って、振り返りました。











「なんもいねぇじゃん!」

そのひと言にホッとしたのか、同僚の女の子も振り返り、

「も~!ビックリさせないでくださいよ~!一瞬ビビっちゃったじゃないですか」




二人の、緊張の解れた声を聞き、私も恐る恐る振り返ってみましたが、
やはりそこには誰もいませんでした。

やっぱり私の見間違えだったのでしょうか。






それから程なくして、私たちは居酒屋へ着きました。

「予約してた者ですけど」

と言うと、女性店員が笑顔で個室席まで案内してくれました。

私たちがメニューを見ながら、何を注文しようかと話していると、
さっきの女性店員がやって来ました。

「おしぼりと、お通しをお持ちしましたー!」

女性店員は慣れた手つきで、テキパキと私たちの前に、
おしぼりとお通しの小鉢を並べていきます。

しかし・・・






その女性店員は、
おしぼりもお通しも四個ずつ置いたのです。

「あの~・・・僕たち、三人ですけど?」

「えっ?だって・・・四人で見えられましたよね?」

「いやいやいや!この三人だったでしょ?」

「いや、もう一人・・・
































白い服の女性がおられましたよね?







私たちは、言葉を失いました。
やはり、私が車の中で見たのは錯覚でも何でもなかったのです。

遊び半分で行ったあのトンネルから、
私たちは、連れて来てしまったのです。




















子役「これは自縛霊かと思うのですが、いかがでしょう?吾郎さん!」

吾郎「いや!前フリ書こうとしたら意外と長くなっちゃったんだろうね!」

宜保「興味本位でそういう所に行ってはいけません!」

イボ「イボイボ・・・」

ノリ「ババァ!!!てめぇ!!!やりやがったな!!!」

オージャガジャガジャガー・・・雄蛇ケ池っ♪♪♪






次回、ちゃんとしたレビューへ、つづく。





スポンサーサイト

横浜オフ会in八戸レビュー #4

八戸ファンガツーリストで行く!
るるぶには絶対に載らないディープな八戸旅


※詳しい日程につきましては下記を参照ください。








■11:00 FG・ババン子、ホテルにお迎え

(備考)
車内にて、こしあんより鮫高バッジを頂く。

テンション上がったFG、ババン子に(アレ渡せ!)と目で合図。
ババン子、(えっ?今?)という視線をFGに向けつつも、
渋々、夜の部で渡す筈だった鮫高Tシャツをこしあんに渡す。

こしあん、大喜び。

しかし、このFGの軽はずみな行動が、後に悲劇をもたらす



■11:20 鮫高の舞台となった鮫地区へ

(備考)
ネタ的に面白いだろうと、シャレで連れて行ったFG・ババン子。
対して、「聖地だっ!」と、本気で喜ぶこしあん。
気付けば、鮫駅の鮫オブジェに三人とも大はしゃぎ。
ft1.jpg
※結構、作りは雑でした。




■11:50 浜のスーパー『漁港ストア』にて昼食

(備考)
以前、当ブログで紹介した、もやもやスポット。
コチラを参照
FG・こしあん→一食に対し、ババン子→二食と、
『食べたガール』ぶりを存分に発揮。



■12:30 八戸公園『こどもの国』にて自由行動

(備考)
ここも以前に、当ブログで紹介済み。
コチラを参照
モヤモヤっぷりを感じてもらおうと連れて行ったFG・ババン子。
しかし、意に反して、家族連れで大盛況。

(備考2)
三人でジェットコースターに乗る。
それ程高低差はないものの、背もたれ部分のクッションが薄く、
絶叫マシーン的怖さよりも、カーブ時の衝撃の強さ!!!

(備考3)
併設された動物コーナーで、
サルやアヒルやカメをお題に、無茶振り連発FG。
お前、いい加減にしろよ的視線で静かに睨むババン子。
「いつも、こうなの?」と質問するこしあん。
「いっっっつも、こうなんですよ!」と訴えるババン子。
ちょっと反省するFG。

(備考4)
売店でソフトクリームを買う事に。

売店のおばちゃんに「みっつください」って言ったら、
「味がいろいろあるよ」と言うのでそれぞれ違う味を注文したら、
「じゃあ・・・プロ連れてくるから、ちょっと待ってて」と言うおばちゃん。
ソフトクリームを上手にぐるんぐるんするスタッフがいるらしい。

第一に、そんなヤツがいるなら何故初めからソイツを出さないのか?
んで、その遅れてやってきたプロがぐるんぐるんしたソフトクリームも・・・

そんなにキレイじゃないっていう!!



■13:50 八戸キャニオン見学

(備考)
八戸キャニオンって何?って思いました?
ん~・・・何て言うのかなぁ・・・
えーっと・・・

すごく分かりやすく書いてあるのを発見したんで、
勝手にリンク!コチラをどうぞ!

こしあんはもちろん、ババン子ちゃんも初めてだったらしく、
二人とも普通に感動。



■14:30 時間を持て余し、ガストへ

(備考)
今回の配信スタジオとなる居酒屋の予約時間は19時!
まだまだ、たっぷり!!

ポリンキーさんもおっしゃってましたが、
喫茶店やファミレスでの時間潰しが意外と有意義だったり!

店員がやって来る。
ドリンクバーを注文するこしあん。
ドリンクバーを注文するFG。

ガッツリ定食系を注文するババン子。

またもや『食べたガール』ぶりを発揮。

(備考2)
3時間しゃべりっ放し!!



■18:00 中心街へ向かう

(備考)
そして舞台は、いよいよ夜の部へ。










次回へ、つづく。






横浜オフ会in八戸レビュー #3

おまたせっ!
いよいよ本編はーじまーるよーっ!!




















八戸・8月13日(月)AM3:00

「いや~、ホンット楽しかったね~」

「また八戸に来たいな~」

「ぜひぜひ!またボクら、おもてなしするよ。ねぇ?」

「うん!また一緒に遊びましょうよ!」

ボクはババン子ちゃんと、男をホテルまで見送った。
男はエレベーターに乗り込むギリギリまで、ボクらに手を振ってくれた。
ボクらも腕が千切れんばかりに、手を振った。

人もまばらになった八戸の夜。

不思議なもので、楽しい時間というのは、あっという間に過ぎてゆく。
時というのは、いつでも誰に対しても平等に流れてゆく筈なのに・・・





遡ること、2日前。



















八戸駅・8月11日(土)PM6:30

男は、仕方なくバスに乗る事にした。
知らない土地でバスに乗るというのは、案外不安なものである。

先日、破天荒だけが売りの友人から、バスの路線・乗り方・運賃などについて、
几帳面に事細かく書かれたメールを受け取っていた事だけが唯一の救いだった。





中心街へ向かうバス。
なのに、どんどん淋しくなる風景。
訛りがキツ過ぎて、何をアナウンスしてるのか分からない運転手。

男はつぶやいた・・・




「完全アウェーだ!!!」

破天荒で右に出る者はいない程破天荒な友人がいなかったら、
俺は、この異国の地で、のたれ死んでいただろう・・・
二度と愛する妻の笑顔も見られなかっただろう・・・

っていうか、ラピアって何さ?

しかし、もう破天荒なアイツには、足を向けて寝られないな。
いや!毎月、給料の手取りの25%を振り込もう!
それくらいせにゃあ!!!

男は、そう決意した。

















飽きた!!!
普通に書いていいッスか?










こしあんさんが8月11日(土)12日(日)の二日間、
八戸に遊びに来てくれました。

12日(日)の日中は、ババン子ちゃん含め、
三人で市内観光をして、そのまま夜に飲み会(っていうか配信)。

11日(土)は翌日に備え、男同士気ままに軽めの食事会。

という日程でした。





んで、今回は11日の男同士の食事会の話です。





こしあんさんがチェックインする時間を見計らって、
ホテルまで迎えに行きました。

4月に一度会っているとは言え、これが二度目ですからね。
多少緊張したんですよね。

まぁ、マスカラスで出て来たらドスルーしてやろうと思ったんですけど、
普通に出て来ましたよ、普通に

んで、再会を祝して固い握手を交わして、お店へ移動です。

言っておきますけど、決して走って抱き付いたりしませんよ、わたくし。
あれはTさん(緑)に合わせただけですからね。

あ、こしあんさん、お土産の笹かまアリガトー。
クソ嫁にほとんど食われたけどな!!

「この笹かま、どうしたの?」とか「食べていい?」とか、
普通聞きませんか???

勝手に食われてましたよ。3/4程。





話は戻って、
ふらっと居酒屋でも行けばいいやと考えてたんですけど、
お盆で超混んでたんですよ!!

んで、結局、
小奇麗な喫茶店でおっさん二人、パスタ食いながら談笑。

いや~、でも楽しかったな~。
いつものツイッターのようなアホな話から、
ツイッターでは話せないような個人情報丸出しの話まで、
いっぱいお話ししましたよ!

それでは、ここからダイジェストでお送りします。













お話スロット、ゴーッ!!!






第1話『えっ?ボクたち同い年だったの?』

第2話『ジョジョ展で30万円使うヤツ』

第3話『FGのムカつく嫁話はネタじゃなかった!』

第4話『FGの\クッタス/レス話もネタじゃなかった!』

第5話『こども魂更新しろよ!大説教』

第6話『ツイッターやってるとブログ更新しなくなる説』

第7話『bokete~すっかり変わっちゃったよね~』

第8話『bokete~2年くらい前が一番良かったよね~』

第9話『bokete~FG・こしあん複アカ説って笑える~』

第10話『bokete~しっかし変わっちゃったよね~』

第11話『bokete~でも、あのサイトのおかげで今こうやって会ってるんだよね~』

第12話『bokete~でも、もうあそこは完全に別のサイト~』

第13話『bokete~結局、評価が入らないのが悔しいだけっていう!~』

第14話『東京オフ会~楽しかったよね~』

第15話『東京オフ会~参加人数多過ぎ~』

第16話『東京オフ会~広島・福岡から参加って~』

第17話『東京オフ会~そもそも参加表明第一号が島根だし~』

第18話『東京オフ会~でもやっぱ、みんなオモロイよね~』

第19話『ってか、土曜の夜にこんなガラッガラの飲食店って!』

第20話『でも、ここの珈琲豆は市内では有名なんだよ!』

第21話『そうなの?』

第22話『いや・・・ボク、コーヒー飲まないから知らんけど!』

第23話『サービスで付いてきたゼリーの味が薄いです』

第24話『そもそも何味かすら分からない味覚少年ケン』

第25話『明日はるるぶには絶対に載らないディープ八戸ツアー』

第26話『楽しみにしてます!』

第27話『11時頃にホテルまでお迎えに上がりますから』

第28話『わかりました!』

第29話『それじゃ、また明日!』

第30話『ズッコケ三人組パリへ行く』





・・・って感じで、二時間程でしたが、
「女子かっ!!!」ってくらい、おしゃべりしました。

こしあんさーん!!
抜けてるのとかあったら補足お願いしまーす!!






次回、八戸ファンガツーリスト編へつづく。




横浜オフ会in八戸レビュー #2

八戸・8月13日(月)AM3:00

「いや~、ホンット楽しかったね~」

「また八戸に来たいな~」

「ぜひぜひ!またボクら、おもてなしするよ。ねぇ?」

「うん!また一緒に遊びましょうよ!」

ボクはババン子ちゃんと、男をホテルまで見送った。
男はエレベーターに乗り込むギリギリまで、ボクらに手を振ってくれた。
ボクらも腕が千切れんばかりに、手を振った。

人もまばらになった八戸の夜。

不思議なもので、楽しい時間というのは、あっという間に過ぎてゆく。
時というのは、いつでも誰に対しても平等に流れてゆく筈なのに・・・





遡ること、2日前。













八戸・8月11日(土)PM6:00

男は八戸駅の新幹線ホームに降り立った。






・・・あっ!降り立ったって言っても、
「降りたったでぇ!」っていう関西弁的なニュアンスじゃないッスよ。

まぁ、単純に「降りた」でも通じるんだろうけど・・・
でもそうなると、前に付く言葉は「八戸駅の新幹線ホームに」よりも、
「八戸駅で新幹線を」の方がしっくりくるよね?

じゃあ「最初っから『男は八戸駅で新幹線を降りた』って書けば?」って思った?
でもそれじゃあ、味気ないっていうかさぁ・・・リズムみたいなのもあるじゃん?

まぁ、その辺が日本語の面倒くさいところでもあり、
言い換えれば、日本語の良さでもあるって・・・うん、最近思うんだ。







えっ?「いいから早く話を進めろ」って?
そうだよね。こんな所でモタついてたら終わらないよね。






・・・あっ!今、なんとなく「モタついた」ってカタカナにしちゃったけど、
ぱっと見、タモリをイメージしちゃわなかった?

分かる~ぅ!タモリって面白いもんね。
あ、今面白いって言ったのは「いいとも」のタモリじゃなくて、
「タモリ倶楽部」または「ブラタモリ」のタモリの事ね。
逆に「Mステ」のテンション低めのタモリも嫌いじゃあない!
んなこたぁない!!

・・・あっ!今のはタモリっていうより、コージーのほうね。







んで、なんだったっけ?・・・あ、そうそう!

つまり、人間の視覚および脳への伝達って、結構曖昧な所があるんだよね。
でも、その曖昧さ=人間味なんだって、
その曖昧さがあるからこそ面白いんだって・・・うん、最近思うんだ。









そうじゃない!ってね!
も~う・・・いい加減にしろ!つって!!




・・・あっ!今の言い回しは水谷千重子を意識してみましたー。

しっかし水谷千重子って・・・ん?友近って言った方がいいか?
まぁ、どっちでもいいんですけど、彼女は芸達者ですよね~。
モノマネも上手いし、ネタも面白いしね~。

そうそう!ネタって言えば・・・昔、エンタの神様(クソ番組)でさ、
なんか「青木さやかの方が上」的扱いされてたのが気に食わなかったんだよね。

でもさ・・・ねっ?考えてごらんよ?
今、しっかり芸人として生き残ってるのは友近の方でしょ?
だから、自分の目に狂いはなかったんだって・・・うん、最近思うんだ。

















「うるせぇ!モタモタしてねぇで、さっさと進行しろっ!!」
って思ってますぅ?

分かってますよ!
ちゃんと意味があって、こんな流れなんですよ!

まぁ、横浜から新幹線でやってきた主役の男もね・・・























モタモタして在来線に乗り遅れるっていう!!

しかも首都圏的感覚で余裕かましてたら、
1時間に1本って現実にアセるっていう!!










こしあん東北一人旅、次回いよいよ本編突入(のつもり)です。
つもりっていうか、もう突入しなきゃ、さすがにみんな飽きるよね?
誰も読んでくれなくなるんじゃないかなって・・・うん、最近思うんだ。



職人さんと出逢った。でも忙しいからササッとレビュー書くよ。

八戸・8月13日(月)AM3:00

「いや~、ホンット楽しかったね~」

「また八戸に来たいな~」

「ぜひぜひ!またボクら、おもてなしするよ。ねぇ?」

「うん!また一緒に遊びましょうよ!」

ボクはババン子ちゃんと、男をホテルまで見送った。
男はエレベーターに乗り込むギリギリまで、ボクらに手を振ってくれた。
ボクらも腕が千切れんばかりに、手を振った。

人もまばらになった八戸の夜。

不思議なもので、楽しい時間というのは、あっという間に過ぎてゆく。
時というのは、いつでも誰に対しても平等に流れてゆく筈なのに・・・





遡ること、数日前。













横浜・8月10日(金)AM9:00

ここ数日、男はぐっすり眠った試しがなかった。
だがそれは、相変わらずの蒸すような暑さだけが原因ではなかった。

「ねぇ、あなた!聞いてるのっ?」

「聞いてるよ!もう・・・いい加減にしてくれないか?」

「あなた・・・どうしても行っちゃうの?」

「何度も話しただろう、これは運命(さだめ)なんだよ」

「こんなに私がお願いしてるのに・・・それでもダメなの?」

「男にはな・・・どうしてもやらなきゃならない事があるんだ。分かってくれ」

「そんなの納得できないわよ!私より大事な事って何なのよっ!!」

「えーっと・・・オフ会!」

ズビシーーーーーッ!!!






『ボケて横浜オフ会in八戸』
~こっしーは静かにジョジョ立ちで眠りたい~











八戸・8月10日(金)PM5:00

ここ数日、ボクはぐっすり眠った試しがなかった。
だがそれは、相変わらずの蒸すような暑さだけが原因ではなかった。

「オリンピックやってると睡眠時間確保するの大変だよね?」

「ん~・・・そうですかぁ?」

「いや・・・オリンピックってやっぱ面白いじゃん?」

「ん~・・・そうですかぁ?」

「いや・・・だって・・・じゃあ、ババン子ちゃんさぁ!
 例えば、世界陸上ってあるじゃん?でもそれって陸上だけだよね?
 あと、世界バレーってあるじゃん?でもそれってバレーだけだよね?
 でもオリンピックは、いろんな種目が一気に見れるんだよ!
 しかもそれが四年に一度だけだよ?寝てる場合じゃないよね!!!」

「ん~・・・別に!!!」

ズビシーーーーーッ!!!






『ボケて横浜オフ会in八戸』
~FGとババン子の、オリンピックに対する温度差~









さらに遡ること、数日前。









大阪・8月7日(火)AM12:00

「やだ!私ったら何ダラダラしてたの!
 今からチャリで出発しても八戸には間に合わないわよぉぉぉ!!!」

ズビシーーーーーッ!!!






『ボケて横浜オフ会in八戸from大阪』
~小生は、今回のイベントを結構羨ましがってる~











こしあん東北一人旅、次回へつづく。





03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ファンキーガッツマン

Author:ファンキーガッツマン
ここは天国ですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。